MENU

    会葬者とは?|言葉の意味や会葬者として意識したいマナーを解説します

    目次

    会葬者とは葬儀や告別式に参加するお客様のこと

    会葬者とは、葬儀や告別式に訪れることを「会葬」と呼ぶことから、これらに参加する人を意味します。会葬という言葉には「葬儀や告別式に参加する」という明確な見合いがあるため、意味を理解して使用することが望ましいです。

    会葬者の意味をチェック

    会葬者とは、葬儀・告別式に参加する「お客様」を対象として使用する言葉です。そのため、故人の遺族は「会葬者」には含まれません。

    故人の旅立ちを見送って下さるお客様にむけての言葉であり、故人の仕事関係の方々や友人・知人や、ご近所の方などが会葬者に該当します。

    会葬者は英語で「mourners」

    会葬者は英語に訳すと「mourners」となります。この他、「person attending a funeral(直訳は葬儀に参加する人)」と訳されることもあります。

    例文1:祖父の葬儀には、多くの会葬者が参加してくれた

    Many mourners participated in my grandfather’s funeral.

    例文2:会葬者としてのマナー守り、故人を見送る

    Protecting manners as a mourner and seeing off the deceased.

    会葬を辞退するとは?

    最近では、知人・友人などを故人の葬儀にお招きせず、親族や家族だけでお見送りを予定する家族葬が注目されるようになりました。これには、故人の生前の意思だけでなく葬儀の主催者となる家族側の意向が強い場合もあります。

    訃報の知らせを耳にした際「会葬の辞退をお願いします」と知らされることも考えられます。この場合は「親族だけでお見送りするのだな」と理解し、葬儀や告別式に参加しないよう心得ましょう。

    会葬者と弔問客の違い

    会葬者と似た言葉に「弔問客」があります。どちらも故人を偲び、最期のお別れや遺族へのご挨拶に訪れるお客様を意味する言葉ですが、出向く儀式や場所により使い分けられています。

    弔問客とは「故人の家などに訪れ、遺族へお悔やみをのべる」お客様のこと

    故人の自宅などを訪ね、遺族へのお悔やみを述べに駆けつけることに対し「弔問」という言葉を使用します。さらに、通夜や葬儀、告別式に参列できず、後日自宅等を訪問する場合も弔問となり、これらを実施する人が弔問客です。出向いた場所や参列する儀式により、表現が変わります。

    参列いただく儀式や場所で二つの言葉を使い分けることが基本であるため、言葉の違いを理解しておきましょう。

    会葬者のマナーをチェック

    会葬者となり、葬儀や告別式に出向く場合は、守るべきマナーを意識し、その場の雰囲気を損ねたり、失礼な態度をとらないよう注意することが大切です。

    そのためには、葬儀や告別式は突然招かれることも多いため、普段からマナーを把握しておく必要があります。

    会葬者として適した服装は?

    故人を見送るための儀式の中でもっとも重要だといえる場面が葬儀です。服装には十分注意しましょう。

    服装ヘアスタイルなど
    男性正式な喪服に白シャツ、黒ネクタイ、黒靴下を着用する。※手持ちがない場合は、光沢なしのブラックスーツで代用可光沢のない黒の革靴。金具がついていないものがベター清潔さを心がけ整える。
    女性正式な喪服(ワンピースだけでなく、ツーピースやパンツスーツでもOK)に透け感のない黒のストッキングを着用する。※手持ちがない場合は、肌の露出が少ない黒のワンピース等で代用可光沢のない黒のパンプス。金具がついていないものがベター※パンプスが履けない場合は、靴でもOK。髪が長い場合は、黒のヘアゴム等で一つにまとめる。短い場合は、清潔さを意識し整える。アクセサリーは真珠を使用する。※カラフルはヘアピンや派手なアクセサリーは使用しない
    学生小学生・中学生・高校生で制服がある場合は、制服を着用する。制服がない場合は、黒系の洋服でもOKだが、高校生以上は大人同様が望ましい。学校指定の靴がある場合は、指定を履く。無い場合は、黒い革靴は望ましいが、安全面を考慮して黒やグレーの運動靴でもOK。清潔さを心がけ整える。髪が長い場合は、黒のヘアゴムを使用し、一つにまとめる。派手なアクセサリーは使用しない。
    子ども上下黒やダークグレーなど、暗い色の洋服やワンピースを着用する。安全面を考慮し、黒やグレーの運動靴を履いてもOK。年齢によっては、靴下のみでもOK。清潔さを心がけ整える。髪が長い場合は、黒のヘアゴムを使用し、一つにまとめる。派手なアクセサリーは使用しない。

    持ち物は何が必要?

    会葬者の持ち物として必要なものは

    ・数珠

    ・袱紗(ふくさ)

    ・香典

    ・ハンカチ

    です。

    香典は袱紗に包み持参し、受付ですぐに渡せるように準備しておきましょう。ハンカチは黒やグレー、白などを基本に派手でない物を用意します。持ち物をバックやカバンに入れて持参する場合は、金具なしの派手でないデザインが望ましいです。

    言葉かけには要注意

    会葬に出向いた場合は、遺族へのシンプルなお悔やみを伝えましょう。ただし、悲しみのあまり声がかけられない場合などは、無理に声をかけなくても問題ありません。丁寧に一礼するだけでも、故人を偲んでいる気持ちが十分に伝わることでしょう。

    一方、亡くなった経緯が不明である場合でも遺族に詳しく聞くことはマナー違反。遺族側の気持ちを考慮し、親しい間柄であったとしても礼儀を意識しましょう。

    忌み言葉は使用しない

    遺族へお悔やみを伝える際は、忌み言葉に注意しましょう。忌み言葉とは「重ね重ね」や「つくづく」など、不幸の連鎖をイメージさせてしまう言葉のことです。この他、故人の死を直接的に表現する「死亡」や「病死」、不吉な印象を抱かせてしまう「消える」なども避けて下さい。

    【挨拶例】

    ・◎◎様(故人)の旅路が安らかでありますよう、お祈りしております。

    ・この度はご愁傷様でした。ご家族さまもお身体にお気をつけくださいませ。

    ・◎◎様(故人)のご冥福を心よりお祈りしております。

    会葬にいけない場合の対応策

    葬儀一連の儀式には、できるだけ参加することが望ましいといえますが、さまざまな事情から辞退しなければならない場合も考えられます。その場合は遺族に迷惑をかけないためにも、丁重に辞退の意志を早急につたえましょう。そのあとで対応策を検討して下さい。

    対応策1)弔電を用意する

    弔意を表すために使用する代表的な方法が「弔電」の利用です。文字だけでなく線香などをセットにできるサービスもあるため、文字だけでは足りないと思う場合は活用されるといいでしょう。

    対応策2)香典を届ける

    式終了後に遺族宅へ香典を届けます。持参する方法だけでなく、郵送で届けてもOK。遺族宅までの距離やご自身や遺族の状況を考慮し、渡す方法を検討してください。

    会葬者へのお礼

    喪主だけでなく、故人の遺族にあたる方々は、会葬者から弔意を受け取る側となります。これに対し、会葬礼状や口頭での感謝の言葉を伝えることはもちろん、会葬返礼品としてお礼の品物を渡す必要があります。葬儀や告別式の際は、受付で会葬者全員に渡すことが一般的であるため、事前に用意しておくことが望ましいです。

    香典返しとの違い

    会葬返礼品同様に香典返しも弔意へのお返しとして渡す品物を意味していますが「何に対してのお返しなのか」という意味合いが異なります。

    目的渡す時期金額の目安品物例
    会葬返礼品会葬にお越し頂いたことへのお礼即日500円〜1000円ハンカチなどのタオル類・お茶・コーヒー など
    香典返し香典を頂戴したことへのお礼四十九日法要の後(但し、会葬返礼品と共に即日渡す場合もある)香典の3割〜半額程度(即日にお返しする場合は、3000円〜5000円程度の品物を用意しておく)カタログギフト・お菓子の詰め合わせ・日用品など

    会葬者とは故人を偲んでお見送りにお越しくださるお客様のこと

    故人を偲ぶ気持ちは、遺族も会葬者も同じ。突然のできごとであればあるほど、気持ちの整理ができないケースも考えられます。遺族側も会葬者側もお互いに配慮し合い、できる限りの心配りをわすれないようにしましょう。

    目次
    閉じる