MENU

浮き彫りとは?|特徴やお墓に施す注意点も解説

目次

「浮き彫り」とはお墓にも用いられる彫刻技法のひとつ

「浮き彫り(うきぼり)」は、建築物の外装などに用いられる彫刻技法のひとつ。お墓にも用いられる彫り方で、絵や文字などが浮き上がって見えるのが特徴です。

「浮き彫り」は彫りの深さで彫刻の名前も変わる

「浮き彫り」は彫りの深さによって、名称も異なります。

浅浮き彫り(ローレリーフ)

「浅浮き彫り(ローレリーフ)」は、素材を少しだけ掘り込んで模様をつける技法のことw言います。平坦な部分を少し彫り込んでいるだけのため、ほぼ平らな彫り方です。

高浮き彫り(ハイレリーフ)

「高浮き彫り(ハイレリーフ)」は、しっかりと刻み込み立体感を出す技法。彫刻と同程度に立体感があるのが特徴です。

沈み彫り

「沈み彫り」は、背景部分を掘り下げない技法で、人物や動物の部分が背景から沈んで見えるのが特徴です。古代エジプトで多用された技法のため、エジプトの絵画などによく見られます。

凹み彫り

凹凸が実物と逆転している「凹み彫り」もまた、立体感を表したい時に使われる技法です。背景を掘り下げず、背景と像が同じ高さである点は沈み彫りと同様ですが、凹み彫りの方がより立体的に感じられます。

浮き彫りのメリット

浮き彫りでは、家紋や文字のほか、花やイラストのようにさまざまなデザインを施すことが可能です。お墓の見栄えをよくするだけでなく、故人の好きだったものや、関連する模様をいれることは故人らしさが墓石にも表れるでしょう。このような観点からも、浮き彫りをお墓に施す人が多いようです。

浮き彫りをする際の注意点

浮き彫りは文字を強調したい時などにも用いられます。ただし、細い部分や小さな加工部分は非常に欠けやすくもなります。とくに文字のはらいの部分や筆先のかすれといった部分を加工する際には、注意が必要です。事前にデザインの確認や、適した彫り細工であるかどうかの検討はしっかりするようにしましょう。

目次
閉じる