MENU

    仮通夜は故人と過ごす最初の夜!本通夜との違いや知っておきたいマナーを解説

    目次

    仮通夜とは故人と過ごす最初の夜のこと

    仮通夜(かりつや)とは、故人が亡くなって一番最初の夜を、遺族や親族が故人の遺体といっしょに一晩過ごし、見送ることです。

    地域によって仮通夜のやり方は異なります。たとえば僧侶を呼ばずに故人と過ごし、寝ずの番でお線香の火を絶やさないようにする地域もあれば、僧侶を呼んで読経してもらう地域があったり、精進料理をふるまう地域も存在します。他には二日間以上の通夜を行うため、故人と過ごす1日めの夜を「仮通夜」と呼ぶ地域もあります。

    今回は仮通夜の意味を、本通夜との違いや仮通夜ならではの特色も交えながら紹介します。また仮通夜のマナーも解説するので、いざというときに備えてください。

    仮通夜の意味をチェック

    さらに詳しく仮通夜の意味をチェックしていきます。本通夜との違い、親族のみで行われる場合何親等まで呼ぶべきか、仮通夜が省略される場合はどんな時かについて解説します。

    本通夜との違い

    仮通夜と本通夜の違いを下記に挙げてみます。

    • 仮通夜は遺族と親族のみだが、本通夜は親族以外の弔問客が訪れる。
    • 仮通夜は原則宗教的儀式ではないが、本通夜は宗教的儀式になる場合が多い。
    • 仮通夜は亡くなった日の晩だが、本通夜は亡くなった翌日に行われることが多い。
    • 仮通夜は一晩だが、本通夜は夕方18時以降から始まり1時間から2時間程度。
    • 本通夜では仮通夜にはない通夜ぶるまいがあり、参列者に軽食をふるまう。

    仮通夜は遺族・親族のみが参加

    仮通夜は遺族、親族のみで行われることが多いのですが、呼ぶ親族は何親等までなのでしょうか。調べてみたところ、諸説ありますが、だいたい3親等までの親族を呼ぶ場合が多いことがわかりました。

    ここで本人を基準にした3親等について表にしました。

    1親等本人と配偶者の父母、子供、子供の配偶者
    2親等本人と配偶者の祖父母、兄弟姉妹とその配偶者、孫とその配偶者
    3親等本人と配偶者の叔父叔母(伯父伯母)その拝具者、甥姪やその配偶者

    仮通夜が省略される場合もある

    昨今は仮通夜が省略される場合もあります。亡くなってすぐに霊安室に運ばれるため、遺族や親族との時間を過ごすことができないからです。近年は昔と違い、病院で亡くなるというケースが多いからではないでしょうか。

    知っておきたい仮通夜のマナー

    悲しいことですが、予期もせぬ不幸はあるものです。そこで、いざというときに慌てないために、仮通夜のマナーを紹介します。

    香典を渡すタイミング

    香典は本通夜で渡すことが多いのですが、一般の弔問客が多く慌ただしいこともあるため、ゆっくり故人の思い出を話しながら、仮通夜の際に渡しても失礼ではないです。

    本通夜で香典を渡したい場合、仮通夜の時に手ぶらになってしまうのが気になるという人もいます。その場合はお供え物として、菓子折りを持参するのもおすすめです。本通夜の時に弔問客にふるまえるので、遺族の役に立つでしょう。せんべいやまんじゅうなど、個包装で長持ちするものが喜ばれます。

    香典の額の目安

    香典を仮通夜で持っていく場合は、香典額をどのくらいにしたらよいものか気になるものです。地域差などもあり、一概にいくらという区分はできませんが、一般的な金額を下記に挙げるので参考にしてください。故人との関係、渡す本人の年齢によっても金額は変わるでしょう。

    たとえば、ものすごくお世話になり感謝している親戚であれば、金額を多めにするとか、遠方で会ったこともない親戚であれば、気持ち程度にするなどケースバイケースで考えてみてください。また、地域や親族同士の習慣によって額が決められている場合もあるので、年長者に聞くのも良いでしょう。

    祖父母1万円~5万円程度
    両親3万円~10万円程度
    兄弟、姉妹3万円~5万円程度
    親戚1万円~3万円程度

    持ち物

    仮通夜で渡す場合は持ち物の一つに香典があります。他にハンカチなどを入れるバッグを持つ場合は光沢のない黒のものが良いです。

    ハンドバッグが小さい場合のサブバッグも黒が望ましいです。靴や靴下も派手ではない黒、アクセサリーは結婚指輪以外は付けない方が無難でしょう。普段からアクセサリーを身につける習慣のある人は、気を付けたいものです。

    マスクを忘れずに

    コロナ禍の現代ではマスクは必需品ですね。仮通夜で言葉を交わす際は、マスクをしてからが良いでしょう。従来は儀式にマスクは禁物という風潮でしたが、最近はコロナのために本来の常識が非常識になっています。

    しかし、マスクといっても最近はいろいろな種類のものが出回っています。どんなものがNGなのか気になる人も多いでしょう。基本的にはどんなマスクでも良いのでが、派手過ぎるものは、悲しみの場にふさわしくないのでやめた方が良いです。

    服装は喪服でなくてよい

    服装は喪服でなく平服でよいのですが、避けたい服もあります。以下に挙げるので参考にしてください。

    • 赤やゴールドなどの派手な色の服
    • 露出度の高い服
    • 毛皮やひょう柄など殺生を思わせる服
    • Gパンやスエットのようなカジュアルすぎる服

    おすすめの服装も挙げるので迷ったときの参考にしましょう。

    • 黒やグレ―などの地味な色のスカートやスラックス
    • 黒や紺色のカーディガンやセーター
    • ブラウスとスカートやカジュアル過ぎないシャツとズボンなどの組み合わせ

    遺族の悲しみを考え、自分だったらどんな気持ちになるだろうと考えて服装を選んでください。

    大きな声で話さない

    親族の仮通夜に参列した場合は、遺族の気持ちを思いやることが大事です。悲しみに沈んでいる時に、大きな声で話しかけられるのはいい気持ちにはならないでしょう。

    また、コロナ禍なので飛沫の問題もあります。余り大きな声は出さずに、話す必要がある場合はトーンを抑えて話しましょう。特に地声が大きい人は気を付けて話した方が良いです。

    まとめ:故人をきちんと見送ろう

    仮通夜は本通夜の前の晩、遺族や親族が故人と過ごす貴重な時間です。お坊さんを呼んで御経をあげる場合もありますが、親族のみで過ごす場合もあり、地域の風習やそれぞれの家の考え方によって異なります。どんな方法でも、悲しみを抱えた遺族を慰め、故人をきちんとも見送りましょう。

    目次
    閉じる