MENU

偲ぶ会とは?葬儀との違いやメリットの他、マナーやポイントを紹介

目次

偲ぶ会とは故人とのお別れ会

偲ぶ会とは、故人とのお別れ会です。家族葬などで親族のみでの葬儀を終えた後、故人と親交のあった人たちが開催するケースが多いです。お別れ会ともいわれ、元々は芸能人や著名人が開くことが多かったのですが、最近は家族葬が増えたために一般の方でも催す人が増えました。この記事では、そんな偲ぶ会の意味やメリット、開催するポイントやマナーについて詳しく解説します。

偲ぶ会に招待された時のマナー

偲ぶ会に招待された場合のマナーについてです。香典や服装、NG行為は何であるか探ってみましょう。

偲ぶ会に香典は必要?

偲ぶ会は葬儀とは違うので、香典はいりません。ただ、会費制で行う場合が多いのでその場合会費は必要です。どのくらいかかるのかは会にもよりますが、一般的には一人10,000円から15,000円くらいが多いです。この会費で会場を借りたり、食事や記念品を用意します。もし、偲ぶ会を開催するならば、会費は大体葬儀に参列するくらいの金額を目安に考えると良いでしょう。

服装は?

服装の規定はありません。平服となっている場合が多いですが、いかにも普段着という服装は良くないです。常識の範囲内で考えましょう。

派手過ぎるものは避け、落ち着いた色合いが良いです。喪服という規定がなければ、男性はダークスーツと白いワイシャツ、黒ではないネクタイ、女性はスーツやワンピースがおすすめです。場合によっては落ち着いた感じの和服でも良いでしょう。故人が和服好きであれば、その場にふさわしい服装です。

偲ぶ会でのNGは?

偲ぶ会は食事を伴った和やかな雰囲気になる場合が多いです。おしゃべりが弾む場合もありますが、大きな声で笑ったりはしゃいだりするのはNGです。故人とのお別れ会ということを踏まえましょう。

ビジネス関係の人の偲ぶ会ということもあるでしょうが、話す内容が商談にならないようにすることも大事です。あくまでも故人とのお別れのための会なので、故人との思い出話にとどめるようにした方が良いでしょう。どんな時でも遺族の気持ちを考えてあげてください。

偲ぶ会と葬儀との違い

偲ぶ会と葬儀の大きな違いは宗教的な要素の有無です。葬儀では宗教が絡まり、例えば仏教であれば僧侶によりお経があげられます。しかし、偲ぶ会に宗教は関係がないことが多いです。

また服装の面でも違いがあります。葬儀の場合は喪服を着ることがマナーになっていますが、偲ぶ会では服装の規定はありません。

偲ぶ会をおこなうメリットとは?

偲ぶ会を行う数々のメリットの1つに、主催者の考えたことができる自由度の高さがあります。葬儀とは違う形で故人を偲ぶことができるでしょう。

また、故人の人間関係を引き継いでいくことも大事なメリットでしょう。事業継承やコミュニケーションなどで役に立つはずです。こんなところからも、偲ぶ会を行う意味が見えてきます。

自由度が高い

偲ぶ会は自由度が高く、日時の設定も自由です。ただ、葬儀が済み四十九日を経てから、または一周忌を経てからなど区切りのいい時期に開催されることが多いです。また、多くの人が参加しやすい土日祝の開催がおすすめです。

流す音楽や会場のレイアウトも自由なので、主催者が故人の好みに合わせて設定できます。たとえば、故人が好きだったビートルズの曲を流し、ビートルズ関連のグッズを飾る、また故人が愛用していた楽器を展示するなど、故人好みの会場を作ることも可能です。

偲ぶ会は今後の人間関係を築く

偲ぶ会で築いた人間関係が今後の人生を左右することもあるでしょう。たとえば、会社経営者の父親が亡くなり、家族葬の後に会社関係の有志で一周忌に合わせて偲ぶ会を催したとします。そこで思いがけない出会いがあり、故人の事業継続に有益な情報が得られるということも考えられるのではないでしょうか。

また、祖父の偲ぶ会で出会った人から、祖父の昔の話を聞けるということもあります。そこから、今まで知らなかった祖父の生きざまを知ることも考えられるでしょう。

偲ぶ会を開催するポイント

偲ぶ会を開催するポイントを、場所や費用、招待すべき人や頼むべき葬儀屋、事例について解説します。

開催する場所と費用

まず考えなければならないのは、偲ぶ会を開催する場所と費用です。費用は場所によっても異なり、ホテルなどを使えば高くなります。また、料理の種類によっても費用は変わってくるでしょう。どのくらいで抑えるようにするかは主催者次第ですが、余り高額な場所を押さえてしまうと参加者の会費に影響があります。どのくらいの会費で設定するか考えてから、場所を決めた方が得策です。

たとえば、500名収容の会館で行う場合、600万くらいになったという事例があります。ホテルで500名収容だと大体800万くらいが相場です。また、お寺や自社のホールなどを使えば500名収容で500万くらいでしょう。こういった費用の他に交通の便の良さも考えるポイントになります。

どんな人を招待すべきか

招待する人は故人との縁ゆかりのある人です。会社関係の人や古くからの友人、家族など。もしも、家族葬で葬儀を済ませた場合、葬儀に参列できなかった人です。

主催者が会社関係であれば、会社関係者の把握はできます。プライベートに関しては、遺族と連絡をとって故人の交友関係を把握しておくと良いでしょう。

信頼できる葬儀社に頼む

葬儀社の中には、偲ぶ会やお別れの会を葬儀とは別に手掛けているところがあります。偲ぶ会などのセレモニーに長けている葬儀社を探してみましょう。

偲ぶ会で検索してヒットする葬儀社であれば、会の運営をよく行うところなので、問い合わせてみる価値があります。

偲ぶ会の事例

実際に偲ぶ会を開催した有名人の事例としてジャニーズ事務所の創業者で社長だった故ジャニー喜多川さんの偲ぶ会を紹介します。

ジャニー喜多川さんの盛大な偲ぶ会

ジャニー喜多川さんの偲ぶ会は故人が野球好きだったため、場所は東京ドームでした。史上初と言われるような盛大な偲ぶ会で、招待された人たちも各界での著名人や芸能人です。会は午前と午後の2部制で行われました。その構成は以下になります。

  • 午前の部 11:00~芸能関係者のみ(ジャニーズメンバー等多数の芸能人が出席)
  • 午後の部 14:00~ファンの人などの一般の部

午後の部は21時まで続く盛大なものでした。

まとめ:偲ぶ会で故人の思い出を語ろう

偲ぶ会は故人とのお別れ会です。故人との思い出を故人にゆかりのある人たちと語りたいものです。そして、故人との思い出を胸に今後の生き方を考えてみるのも故人へのはなむけになるのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる