MENU

葬儀とは?葬儀の流れや費用は?僧侶は何人呼べばいい?葬儀の形式別の特徴について解説

目次

葬儀とは死者を弔うための一連の儀式

葬儀は、故人を弔う(とむらう)ために行われる儀式です。厳密には、僧侶が読経をする宗教的な儀式を指しますが、通夜や告別式などの一連の儀式を含めて、葬儀と表現するのが一般的です。また、葬式も同義です。

葬儀は故人が信仰していた宗教の儀礼に従って行われることが多く、宗教によって流れは異なります。最近では葬儀の形式が多様化しているので、参列者にも配慮が求められます。

ここでは、葬儀の流れや費用、依頼する僧侶の人数をはじめ、葬儀の形式ごとの特徴や参列者に求められるマナーについて解説していきます。

葬儀の流れ

誰も人の死を正確には予測できないので、葬儀の準備を事前に進めることはできません。危篤の連絡を受けて、初めて臨終が近いことを知る場合もあるでしょう。

そのため臨終を確認したら、すぐに葬儀の準備に取りかからなければなりません。一般的な葬儀の流れや、それぞれのタイミングで必要な手続きについて解説します。

臨終~参列者への連絡

  • 臨終・死亡宣告

亡くなったことを医師が確認し、立ち会った遺族や親族に医師から死亡宣告が告げられます。役所に提出する死亡診断書を医師から受け取ります。

  • 末期の水(まつごのみず)

湿らせた脱脂綿などで故人の口元を湿らせる儀式で、「死水をとる」とも言います。臨終に立ち会った遺族や親族が、血縁の濃い順に行います。

  • エンゼルケア

ぬるま湯でしぼったタオルや布で、故人の体を拭き清める清拭(せいしき)を行います。病院で亡くなった場合は看護師が清拭やひげそり、メイクなどを施して遺体をきれいに整え、装束の着付けまで行う場合もあります。

  • 霊安室へ移動し搬送を待つ

葬儀社が到着するまでの間、霊安室に故人の遺体を移動して搬送車の到着を待ちます。搬送車が早く到着すれば、病室からそのまま搬送する場合もあります。

  • 遺体の安置

自宅もしくは斎場に併設する安置施設に遺体を北枕で安置します。

  • 葬儀の打ち合わせ

葬儀の打ち合わせでは次のことを決めます。

通夜や葬儀・告別式の日程

・喪主は誰にするか

・葬儀の規模と予算(斎場使用費、霊柩車手配、香典返しの品、通夜振る舞いなどの費用)

・葬儀の形式

・死亡届提出と火葬許可証の受理(役所の手続きに死亡診断書が必要です)

・遺影の準備

・戒名の決定

まずは遺族や親族で話し合い、葬儀社に相談します。故人がエンディングノートで葬儀について遺言を残している場合は、そちらも参考に内容を決めましょう。

葬儀の日程は友引を避け、火葬場の空き状況を確認して調整します。日が合わない場合は、葬儀日程を1日ずらすこともあります。葬儀社との打ち合わせでは、葬儀費用の見積もりと含まれる内容を確認し、不備のないようにしましょう。また、お布施用の現金も準備しておきます。

  • 参列者への連絡

逝去と葬儀内容を参列者へ連絡します。訃報の手配は葬儀社が行うのが一般的です。

納棺~通夜

  • 湯灌

湯灌を行う場合は、湯灌師を依頼して遺体を洗浄した後に、メイクや装束の着付けを施します。

  • 納棺の儀

葬儀会社の指示に従い、遺族や親しい親族で故人の遺体を抱えて棺に納めます。故人が愛用していた品があれば、副葬品として棺に納めます。枕花(まくらばな)が届いていれば、棺の頭側に飾ります。

  • 通夜

通夜は、葬儀の前夜に夜を徹して故人の霊を慰める儀式です。かつては遺族や親族、親しい友人などが集まり、夜通し行う儀式でしたが、現在は葬儀・告別式に参列できない人が弔問する場にもなっています。

通夜では僧侶による読経がはじまると、まず遺族や親族が焼香を行い、続いて一般の弔問者が焼香をします。焼香が終わり僧侶が退席した後に、喪主が挨拶をし、参列のお礼や逝去の報告、葬儀の案内などします。

  • 通夜振る舞い

焼香が終わった参列者に、食事やお清めの酒などを振る舞います。共に飲食をすることは供養になると考えられているので、席について口を付けるのがマナーです。

※宿泊の設備のない斎場では、夜までの「半通夜(はんつや)」を行い、遺族も一旦帰宅する場合もあります。

  • 葬儀の準備

葬儀の世話役や葬儀社と進行に関する打ち合わせや準備を行います。

・弔辞を誰に依頼するか

・供花や供物の並べ方をどうするか

・弔電の整理

・喪主挨拶の準備

・会葬礼状や返礼品の手配

葬儀・告別式~出棺

  • 葬儀・告別式(※この葬儀は、宗教儀式を指します)

葬儀・告別式は、通夜翌日の昼間に行うのが一般的です。参列者が受付を済ませ席についたら、僧侶が入場し読経が始まります。読経中には焼香を行います。焼香は、血縁の濃い遺族や親族から行い、一般の参列者はその後に続きます。

  • 弔辞・弔電披露

弔辞を依頼している場合は弔辞が読まれます。その後、司会者が弔電を披露します。

  • 出棺の儀

棺を祭壇から降ろし、出棺の儀を行います。蓋を開けて、故人の周りに故人と血縁の濃い遺族や親族が花を手向る「別れ花」を飾り、蓋を閉め釘打ちを行います。

  • 棺を霊柩車に運ぶ

棺を男性の遺族や親族で持ち上げて、霊柩車に運びます。

  • 喪主挨拶

喪主は位牌(いはい)を持ち、参列者へお礼の挨拶を述べます。

  • 火葬場へ出発

喪主は霊柩車に、その他の遺族や親族は葬儀会社が用意したマイクロバスやハイヤーに乗って火葬場へ向かいます。火葬場に行かない参列者は霊柩車のクラクションの合図で合掌しお見送りをします。

火葬~埋葬

  • 納めの式

火葬場へ到着したら、火葬場の職員の指示に従って、位牌と遺影を祭壇に飾ります。僧侶が同行している場合は、読経中に焼香を、同行していない場合は、準備が整い次第、喪主から焼香をします。

  • 棺を火葬炉に移動し火葬する

棺を火葬炉に納め、火葬場の職員が参列者に挨拶をし火葬が始まります。

  • 火葬中

火葬は1~2時間程度かかるので、その間は参列者は控室で過ごします。この間に、精進落としとして料理や飲み物を振る舞うこともあります。

  • 収骨(しゅうこつ)

火葬炉の前に戻り、遺骨を骨壺(こつつぼ)に入れる骨上げをします。故人と血縁の濃い遺族から順に骨を箸で拾い骨壺に納めます。この際は、骨を箸と箸で渡していく、独特の作法が用いられます。作法には、この世からあの世へ橋渡しするという意味が込められています。収骨が済むと白木の箱に骨壺を納めます。

  • 自宅へ戻るもしくは繰り上げ初七日法要を行う

遺骨を自宅へ持ち帰り、仏壇や祭壇に安置します。帰り道は、故人が迷わずに旅立つことを祈念して、来た時とは違う道をたどるのが一般的です。

日程の関係で、初七日法要を葬儀当日に繰り上げて行う場合は、法要の会場に向かいます。法要では精進落としを兼ねて、参列者への食事が振る舞われます。この際、遺族は参列者に感謝を込めて、挨拶やお酌をして回ります。

  • 埋葬・納骨

四十九日の忌明けを待って、遺骨を墓地や納骨堂などに納めるのが一般的です。墓地が無い場合は、一周忌を目途に埋葬することもあります。

葬儀の費用相場

葬儀にかかる費用は、大きく次の3つに分かれます。

・葬儀そのものにかかる費用

・飲食や香典返しにかかる接待費用

・僧侶や菩提寺など宗教者に渡すお布施や戒名料などにかかる費用。

一般的には参列者が多いほど、葬儀費用が高くなりますが、一方で受け取る香典の額も多くなります。

ここでは、葬儀の形式別にそれぞれの費用相場の内訳について解説します。

葬儀の形式別費用相場

葬儀の費用や参列者の接待にかかる費用は、一般葬よりも小規模な家族葬や一日葬、直葬の方が安くなります。一方、宗教者を依頼した場合の費用は、葬儀の形式や規模に関わらず僧侶の人数や戒名のランクによって決まります。

葬儀の形式葬儀費用
※斎場と火葬場の使用料を含む
接待費用
※飲食費相場:2千~5千円※返礼品相場:1千~3千円
宗教者への費用
一般葬80~150万円30万~80万円15万~30万円+戒名料10万円~
家族葬60~80万円10万~20万円15万~30万円+戒名料10万円~
一日葬50~80万円10万~20万円15万~30万円+戒名料10万円~
直葬15~30万円5万~10万円10万~30万円+戒名料10万円~

葬儀に呼ぶ僧侶の人数と意味

都市部では僧侶一人で葬儀を執り行うケースも増えていますが、仏教では複数の僧侶によって葬儀を執り行うことが良しとされています。故人を成仏させるために、僧侶の法力を結集させることが大切だとされているからです。

これは仏教の「大衆威神力(だいしゅいじんりき)」という教えに基づいています。「大衆威神力」とは、一人では成し遂げられないことも、複数の力をあわせることで達成できるという意味です。

葬儀には3~4人の僧侶を呼ぶのが一般的で、僧侶が一人で執り行う場合は「略式」とみなす宗派もあります。

詳しくはこちらの記事を参照:

あわせて読みたい
導師とは?|意味や役割、お布施の金額相場や渡し方を解説
導師とは?|意味や役割、お布施の金額相場や渡し方を解説導師とは、法要を執り行う僧侶の呼称(こしょう)で、住職の資格をもった高僧が務めるのが一般的です。導師は人々に仏の教えを説き、正しい道へと導く役割を担います。ここでは、導師の意味や役割、導師へ渡すお布施の金額や渡し方の作法について解説していきます。

多様化する葬儀形式の特徴や参列者のマナーは?

葬儀は故人とお別れをする最後の機会ですが、コロナ禍の影響もあり、最近では一般の参列者の参加を辞退する、家族葬や直葬の希望も増えています。訃報には葬儀の形式や日程、会場などが記載されている他、参列に関しての故人や遺族の意向も記載されています。参列や香典の可否については、必ずチェックするようにしましょう。

ここでは、一般葬以外の葬儀の特徴や参列者のマナーについて解説します。

家族葬

家族葬とは、遺族や親族、親しい友人のみの少人数で行う葬儀です。親しい人だけで行うので、遺族の心理的な負担が小さく、形式にとらわれずに納得できる葬儀を行いやすいのが特徴です。

家族葬の場合、基本的に一般の弔問者は参列できません。訃報に家族葬と記載されている場合は、葬儀の日程や会場が記載されていないことも多いので、その場合は弔問は控えるのがマナーです。また、葬儀後の弔問については、香典の受け取りも含めて、可能かどうかを遺族に確認することをおすすめします。

故人と付き合いがあり最後のお別れをしたい人にとっては、葬儀に参列できないことは残念ですが、故人や遺族の気持ちに配慮した対応が求められます。

直葬

直葬(ちょくそう)は別名「火葬式(かそうしき)」とも呼ばれる葬儀形式で、遺体の安置所から直接、火葬場へ向かい火葬のみを行う、もっとも簡素な葬儀です。費用を安く済ませたい場合や故人が希望する場合に、直葬を選ぶことがあります。なお、死後24時間経過しなければ火葬はできないので、病院から直接火葬場への移送はできません。

通夜や葬儀・告別式は行わないので、一般の参列者が招かれることはほぼありません。故人と親しい付き合いがあり、お別れをしたい場合は遺族に相談してみましょう。参列の可否とあわせて、香典を受け付けているかも確認することをおすすめします。葬儀後の弔問や香典についても遺族に可否を確認しましょう。弔問が遺族の負担になる場合は、香典を現金書留で郵送もできます。

一日葬

一日葬(いちにちそう)は、文字通り一日で済ませる葬儀の形式で、ワンデーセレモニーとも呼びます。一日葬では、通夜か葬儀のいずれかを執り行います。通夜の場合は夕方に、葬儀の場合は日中に行うので、それぞれ時間帯が異なります。通夜の場合は読経と焼香が済むと、そのまま納棺の儀に移ります。

一日葬には一般の弔問者も参列できます。訃報にある会場と日程を確認し、時間は間違えないように注意しましょう。

神道の葬儀

神道の葬儀は、正しくは「神葬祭(しんそうさい)」と呼びます。神道では、死を穢れ(けがれ)と捉えるため、葬儀は神社ではなく自宅や斎場で行うのが一般的です。神職者が遺族や参列者、会場のお清めを行った後に、仏教の読経にあたる祭詞(さいし)を奏上(そうじょう)します。

神道では焼香は行いません。参列者は玉串をささげて、ニ礼二拍手一礼を行います。この際に、音は立てないことがマナーです。

キリスト教の葬儀

日本のキリスト教の葬儀は、カトリックもプロテスタントも日本の風習にあわせて通夜(プロテスタントでは「前夜式」)と葬儀を2日にわたり行うのが一般的です。通夜は自宅や斎場で、葬儀は教会や斎場で葬儀ミサが行われます。ミサでは聖書の朗読や牧師の説教の他、讃美歌を歌い故人を偲びます。

キリスト教では参列者全員が棺に献花を手向けます。また日本の風習に習って、焼香が行われる場合もあります。カトリックでは香典の表書きは「御霊前」でもOKですが、プロテスタントでは「献花料」とするのがマナーです。

お別れの会

お別れの会は、正確には葬儀とは異なります。葬儀後に改めて、故人と親交のあった人などを招いて故人を偲ぶために催す会で、宗教的な儀式は含まないのが一般的です。会場は斎場のほか、レストランやホテルで開催することもあります。

案内状にドレスコードや香典の可否が書かれている場合は、その内容に従えばOK。特に記載がない場合は、喪服または礼服を着用し華美な小物も控えましょう。香典についても記載がなければ持参してかまいません。香典袋の表書きは「御香典」「御花料」「お香料」などにしましょう。また会費制の場合もあります。

まとめ

葬儀の形は、時代とともに多様化しています。故人の遺志や遺族の希望に応じて、最適な葬儀を選択できるようになったとも言えるでしょう。

同時に、参列者にも臨機応変な対応が求めらています。一般葬と同じ対応では、失礼にあたることも。参列や香典の可否について、わからない場合は遺族に確認することをおすすめします。良かれと思った対応が、遺族の負担になることもあるので、まずは遺族に配慮することが大切です。

目次
閉じる