MENU

    葬儀と告別式の違いは?開始時間や所要時間・式の流れは?葬儀告別式に参加する際のマナーについても解説

    目次

    葬儀は宗教儀式、告別式は社会的儀式

    一般的に葬儀と告別式は同時に行われますが、厳密にはそれぞれ意味が異なります。

    葬儀は故人の信仰していた宗教や宗派のしきたりに従って行う宗教儀式で、故人の冥福を祈るために仏教では読経や焼香などを行います。

    一方の告別式は、遺族や親族、故人と親しかった人たちが故人と最後のお別れをする、言わば社会的な儀式です。葬儀に続いて行われることが多く、弔辞や弔電の紹介、別れ花などが告別式にあたる部分です。また、日程を改めて「お別れの会」として告別式を行う場合もあります。

    この記事では、葬儀告別式の時間や流れをはじめ、参加する際のマナーについて解説していきます。

    葬儀告別式の気になる時間Q&A

    葬儀告別式は日中に行われるのが一般的です。平日の葬儀告別式に参列する場合、仕事との兼ね合いで時間が気になる方も少なくないでしょう。

    ここでは、葬儀告別式の時間に関する疑問をQ&A形式で解説します。

    Q1.何時に始まるの?

    A1.午前10~11時に開始することが多いようです。ただし、僧侶や火葬場の都合上、葬儀告別式の開始時間が午後になる場合もあります。葬儀告別式に続く、火葬や初七日法要までの時間を考慮して、午後1時、遅くとも2時までに開始されるのが一般的です。

    Q2.何時までに会場に到着するべき?

    A2.親族やお手伝いを依頼されている人は、開始の1時間前には到着することが望ましいでしょう。斎場では受付用の什器や会場の設営は済んでいるので、特に準備はありませんが、一般の参列者を迎えるために、余裕をもって会場に入るのがマナーです。

    一方、一般の参列者は受付が始まる30分前が、到着時間の目安です。特に参列者が多い葬儀は、受付で順番を待つこともあるので余裕を持って到着し、葬儀の開式の前に着席しておきましょう。ただし早すぎると遺族の迷惑になるので、早く着いてしまった時は、近くで時間を潰してから会場に向かいましょう。

    Q3.所要時間は?

    A3.葬儀告別式自体の所要時間は、30~40分程です。その後、出棺と見送りまでを行うとトータルで1時間程度かかります。一般の参列者は、到着してから見送りまで1~1時間半を見ておくと良いでしょう。

    Q4.火葬式の所要時間は?

    A4.火葬場に同行して火葬式にも参加する場合、火葬場に到着してから収骨までの所要時間は2時間程です。火葬を待つ間、控室で食事やお清めのお酒が振る舞われることもあります。

    Q5.初七日法要の所要時間は?

    A5.葬儀告別式の当日に初七日法要も行う場合は、火葬場から法要を行う会場に戻ります。僧侶の読経後に精進落としの食事会が開かれるのが一般的で、法要と食事会をあわせた所要時間は1時間程です。

    葬儀告別式から初七日法要まで参加した場合は、移動にかかる時間も含めた全体の所要時間は5~6時間程度です、

    葬儀告別式の一般的な流れ

    通常は、葬儀告別式は通夜の翌日の日中に行います。ここでは一般的な葬儀告別式の流れについて、10時に開式した場合を例に紹介します。

    時間式次第内容
    9:00遺族・親族・受付係集合・葬儀の最終確認・受付準備・遺族親族は控室で待機もしくは会場に着席する
    9:30一般参列者の受付開始・芳名帳に記入し香典を受付係に渡す・会場に着席する
    10:00僧侶入場・開式・読経・遺族、親族焼香・一般参列者焼香
    10:30僧侶退場
    10:35弔辞・弔電紹介・弔辞を読み上げる(事前に依頼している人)・司会者が弔電を読み上げる
    10:40出棺の儀・棺を祭壇から降ろし、遺族・親族が別れ花や服装品を入れて蓋を釘打ちする・一般参列者は会場の外で出棺を待つ
    11:00出棺・喪主挨拶・棺を霊柩車に運ぶ・喪主挨拶
    11:10火葬場へ出発・火葬場へ行く遺族・親族は霊柩車やハイヤー、マイクロバスなどに乗り合わせる・霊柩車の出発の合図にあわせて、参列者は合掌して見送る

    葬儀告別式のマナー

    葬儀告別式は死を弔う特別な儀式であり、参加する際はマナーを守ることが大切です。

    悲しみの中で式を営むことは、喪主にとっては大きな負担です。マナーなど気にしていられないという方がいるかもしれませんが、悲しみや精神的な負担を抱える中でも、しっかりと故人を見送るためにマナーが存在するのです。

    また参列者に求められるマナーも、遺族の悲しみに寄り添う意味で重要です。

    喪主と参列者の、それぞれのマナーについて解説します。

    喪主のマナー

    喪主は葬儀告別式を取り仕切る代表者であり、故人の代理という重要な立場です。一般的には、故人の配偶者または子どもが喪主を務めます。

    葬儀の席次や焼香順、弔辞や弔電の順番、僧侶の人数をはじめ、火葬後の精進落としの食事や返礼品の手配についても、喪主が中心となって葬儀会社と打ち合わせを行います。また喪主挨拶も準備しておきましょう。式の当日は、葬儀の進行と弔問客の対応に追われるので、挨拶文は事前に準備しておくことをおすすめします。

    葬儀告別式当日は、喪主のもっとも重要な責務は、故人に付きそうことです。そのため葬儀告別式の間は、祭壇から離れないのが喪主の務めです。参列者の弔問も祭壇脇で受けましょう。参列者の出迎えや見送り、お茶出しなどは親族、葬儀スタッフなどにお任せします。

    一方、火葬が終わったら、喪主が中心的となって参加者を接待します。精進落としの会食では、僧侶をはじめ、親族や参列者に感謝の気持ちを込めて、喪主と遺族はお酌をしてまわりましょう。この際、喪主や遺族はもてなす側になるので、末席に座るのがマナーです。

    喪主に関わる葬儀のマナーについては、以下の記事も参考にしてください。

    https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/57/
    https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/163/
    https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/231/

    参列者のマナー

    葬儀告別式は、家族葬や直葬のような例外はあるものの、原則として誰でも参加できます。参列の際には、会場と開始時間を確認し遅刻しないことが大切です。

    また、遺族に言葉をかける際は十分な配慮が必要です。悲しみに打ちひしがれている遺族に、故人が亡くなった経緯を訊ねたり、長話をしたりすることはタブーです。会場での私語も控えましょう。

    持ち物は、香典を不祝儀袋に入れ、袱紗に包んで持参します。数珠やハンカチも持参すると良いでしょう。

    服装は喪服を着用するのが一般的です。女性は黒のワンピースかスーツに、黒の光沢のないバッグと靴、アクセサリーをつける場合は一連の真珠のネックレスにしましょう。男性はブラックもしくはダークカラーのスーツに、白のワイシャツと黒のネクタイを着用します。

    参列者に関わる葬儀のマナーについては、以下の記事も参考にしてください。

    https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/109/
    https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/213/
    https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/84/

    まとめ

    葬儀告別式は、故人とお別れをする最後の大切な機会です。故人の冥福を祈り悔いのないお別れをするために、流れやマナーを理解して余裕をもって式に臨みましょう。

    目次
    閉じる