MENU

弔電代とは?勘定科目は何?代金の相場やお得な申込み方法について解説します

目次

弔電代とは弔電を送る際に必要な代金のこと

弔電代とは、故人や遺族に向け弔電を送る際にかかる代金のことを意味しています。訃報を聞いた際、様々な理由で葬儀に参列できないこともあるでしょう。その際に活躍するお悔やみの気持ちが弔電です。

しかし、弔電を送るシーンも数多くあるわけではないため、代金がどのくらい必要なのか等は知らないもの。いざというときに慌てないように把握しておくことも大切です。

弔電代の勘定科目は送る相手により異なる

会社で弔電を送った場合の弔電代の勘定科目は、送る相手により変わってきます。

●送り先が社外の場合は「交際費」

●送り先が社内の場合は「福利厚生費」

電話会社を通じて弔電を依頼した場合は、月の電話料金と合算して請求がくることが一般的ですが、弔電代は通信費に含まれないことに注意しましょう。

なお、弔電に限らず電報の勘定科目は、送り先により異なります。会社として弔電や祝電などの電報を送る場合は、代金の勘定科目が何になるのかも把握しておくと安心です。勘定科目はみだりに変更できないため、確認した上で計上することが大切だといえます。

弔電代に消費税はかかる?

弔電代には消費税(10%)がかかります。課税の理由は、電話会社と依頼主の取引であるためです。

一方、同じお悔やみの気持ちとして渡す香典は、喪主から対価を得るわけではないため消費税法上も非課税と定められています。

弔電代の相場

弔電代の一般的な相場は、3,000円〜5,000円程度だと言われています。しかし、弔電を調べていくと、税別1,000円のものから1万円を越すものなど、幅広い価格帯のものが存在します。相場はあくまで目安ととらえ、故人へのお悔やみの気持ちと照らし合わせながら、検討されるとよいでしょう。

故人との関係性により金額を変えてみるのも良い

相場に縛られるのではなく、故人との関係性で弔電代を検討することもオススメです。以下の例を検討材料としてお役立てください。

故人との関係性弔電代金ポイント
特にお世話になった人5,000円〜10,000円恩師など、自分自身が特にお世話になったと感じる相手に送る場合の弔電代金は少し高めです。お花がついていたり、うるしのデザインなど、しめやかなデザインを検討することも良いですね。
友人・知人3,000円特に親しくしていた友人であれば、目安料金よりも少し高い金額の物でもOK。弔電に線香やお花のオプションを添える事もオススメです。
会社の関係者3,000円〜7,000円生前の役職を考慮し、金額を選定すると良いでしょう。オプション等が不安な場合は、上司などに相談し決定すると良いですね。

弔電代は変動する

価格帯が幅広い弔電代ですが、代金が変動するポイントには台紙デザインの他に様々なポイントがあります。気をつけたいポイントは以下の内容です。

文字数に応じて料金が変わる

弔電は台紙の料金に加え、メッセージ料金が必要です。このメッセージ料金は文字数により異なるため、長文の弔電となればなるほど弔電代は高くなってしまいます。

線香などのオプションを付ける

弔電の他に線香やプリザーブドフラワー(造花の場合もある)などのお供えを弔電と一緒にお届けできる商品もあります。その際は、このオプションに2,000円〜10,000円等の料金が必要となるため、弔電代金が変動します。

弔電を利用した証明書がほしい場合

電話会社などから弔電を利用したことの証明を書面で発行してもらうことも可能ですが、この場合も追加料金が必要になります。また、弔電が差出人へ届いたという証明依頼する場合にも別途料金が必要です。

なお、オプションの内容や証明書の依頼可否などは電報会社により異なります。申込み前に各電報会社への確認を忘れずおこないましょう。

弔電代を抑えるには?

弔電代をなるべく抑えたいという場合は、以下に注意し手配していきましょう。

ネット申込みを活用する

コストをなるべく抑えたいと思う場合は、インターネットを通じての申込みがオススメです。

インターネットでの申込みであれば、電話やFAX、窓口申込みに対して人件費が削減できます。こういった会社側の事情を考慮し、よりお得に申し込めるのです。

できるだけ早く申し込む

お届けしたい日程よりも3日程度前に申し込めば、通常の料金よりも安価に弔電を依頼できる会社もあります。訃報から葬儀の日程に間がある場合や、葬儀後に訃報を知った場合などは、こういった会社の弔電を活用されると良いでしょう。

メッセージ代金込みの電報を選ぶ

電報は台紙料金にメッセージ料金が加わることが多いですが、電報会社の中にはメッセージ代金を含めた料金を設定していることもあります。長い弔電を送りたい場合には文字料金込みの弔電をセレクトすると安心です。

無料の台紙を選ぶ

弔電台紙の中には無料の台紙も用意されていることもあります。その場合は、メッセージ代金と送料などだけで弔電を送ることが可能です。メッセージ料金込みの有料台紙よりもお得な場合もあるので、リサーチしてみましょう。

弔電代とはお悔やみの気持ちとして送る弔電に必要な代金

弔電は葬儀に出席できない場合などに、お悔やみの気持ちを込めてお贈りする電報のことです。その代金である弔電代の勘定科目は相手により変わることを把握しておきましょう。そうすれば、問題なく計上できる結果に繋がります。

また、代金には相場があるもののあくまでも目安と考え、ご自身の気持ちで台紙のデザインやメッセージ内容を検討すると良いでしょう。代金や証明書等は、各電報会社により異なります。急な訃報時にもスムーズに対応できるよう、リサーチしておくこともオススメです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる