MENU

【例文付き】紅蓮の意味は?使い方や花言葉・類義語や対義語もご紹介!

目次

紅蓮(ぐれん)は紅色の蓮の花

紅蓮とは紅色や濃いピンク色の蓮の花のことです。数ある蓮の中でも、一番といって良いほどに濃い色です。

紅蓮は仏教語、サンスクリット語では「パドマ」です。アニメでも有名になった「紅蓮華」(ぐれんげ)を指すこともあります。

地獄の炎の色にも例えられる

紅蓮は「燃えさかる炎」という意味も存在します。そのため、地獄の炎の色にたとえられる場合もあります。歴史小説の戦の場面でも良く取り上げられる言葉です。

紅蓮は紅蓮地獄という意味もある

紅蓮には、紅蓮地獄という意味もあります。紅蓮地獄は八寒地獄の7番目と言われています。

紅蓮地獄は八寒地獄の7番目

紅蓮地獄は、八寒地獄の7番目です。鉢特摩(はどま)とも呼ばれ、ここに落ちるとものすごい寒さのために、皮膚がはがれて紅い蓮の花(紅蓮)のようになると言われています。

八寒地獄とは

八寒地獄は仏語で、寒さに苦しめられる8種類の地獄を指します。

1.頞部陀 (あぶだ) 

2.尼剌部陀 (にらぶだ) 

3.頞唽吒(あせった)

4.臛臛婆 (かかば) 

5.虎虎婆 (ここば) 

6.嗢鉢羅 (うばら) 

7.鉢特摩 (はどま) 

8.摩訶鉢特摩 (まかはどま) 

紅蓮の使い方

ここでは、紅蓮の使い方を例文で紹介します。

・アニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」をテンポにのって熱唱しました。

・紅蓮の花よ。咲き誇れ!(「紅蓮華」より)

・紅蓮地獄の寒さは味わいたくないものです。

・紅蓮の炎の中、彼は勇敢に戦いました。

・辺りは一面真っ暗でしたが、紅蓮のあかりが見えたので安心しました。

紅蓮の花言葉

紅蓮の花言葉は、愛情です。その由来は夫婦愛の絆です。

愛情

紅蓮の花言葉は「愛情」です。この花言葉の意味は、ヒンズー教における女神ラクシュミー、その夫ヴィシュヌ神が愛情深い夫婦だったことに因んでいます。紅蓮はこの二神とともに描かれることが多いです。

女神ラクシュミーは、頭に蓮の花を付けていたとされています。また、蓮から生まれた、蓮華に立つ者とも言われました。

ヴィシュヌ神は4つの手があり、その手の中の一つに蓮華を持っていたとされています

紅蓮の類義語と対義語

ここでは、紅蓮の類義語、対義語をそれぞれの使い方とともに紹介します。

類義語

まずは類義語です。灼熱、猛炎、焦熱、猛火、炎を例文とともに紹介します。

灼熱

灼熱(しゃくねつ)は、焼けつくようなものすごい熱さを意味します。

例文

・灼熱の太陽の下で、私たちはビーチバレーを楽しみました。

・あの頃は、灼熱の恋の真っただ中にいました。

猛炎

猛炎(もうえん)は、激しい炎や、ひどい火災のことです。

例文

・消防士は、猛炎の中、突き進んで行きました。

・竹藪の猛炎に、すっかり気が動転しました。

焦熱

焦熱(しょうねつ)は、焦げるような熱さを意味します。または焦熱地獄の略です。

例文

・焦熱の砂漠で、ラクダに乗りました。

・罪人は、焦熱地獄で苦しめられます。

猛火

猛火(もうか)は、激しく燃える炎や火炎を意味します。

例文

・敵は猛火の中の攻撃を試みました。

・あの日は、猛火に包まれて恐ろしかったそうです。

炎(ほのお)は、2種の気体が化学反応を起こして、熱と光を発した状態です。

例文

・炎の中、必死で逃げました。

・ロウソクの炎は美しいです。

対義語

対義語は「群青」です。例文とともに紹介します。

群青

群青(ぐんじょう)は、鮮やかな藍青(らんせい)色のことです。

例文

・群青色の海は、私のふるさとです。

・辺り一面、群青色の景色に感動しました。

紅蓮の英語表現

紅蓮の英語表現です。

・brigtt red

・紅蓮華:red lotus

まとめ:紅蓮とは紅蓮地獄という意味もある紅い蓮の花のこと・花言葉は愛情

紅蓮は、紅色や濃いピンクの蓮の花のことです。または、八寒地獄の7番目である紅蓮地獄の意味もあります。

紅蓮の花言葉は「愛情」です。蓮の花がシンボルになっている、女神ラクシュミー、その夫ヴィシュヌ神が仲睦まじい夫婦だったことに因んでいます。

目次
閉じる