MENU

一日葬とは?メリットやデメリット・流れやかかる費用・注意点をまとめて解説

目次

一日葬とはお通夜を実施せず告別式から火葬までを一日で執り行う葬儀スタイル

一日葬とはお通夜を実施せず、葬儀・告別式のあと火葬で故人を見送る葬儀のスタイルのことです。読み方は「いちにちそう」ですが、地域によっては「出棺葬(しゅっかんそう)」と呼ばれることもあります。

一般葬の場合、通夜をおこなった翌日に葬儀・告別式を実施することが一般的です。通夜には葬儀当日同様多くの弔問客が訪れ、遺族はそのおもてなしに気が休まる暇がありません。

参列者側にとっても通夜と葬儀の二日間拘束されてしまうことが負担となるケースも考えられます。

その点一日葬では、通夜がない分遺族だけでなく参列者にかかる負担も軽減できることが特徴です。

他の葬儀スタイルとの比較

現在、実施されることが多い葬儀のスタイルは一日葬のほかに「一般葬」「家族葬」「直葬」があります。

葬儀スタイル通夜葬儀・告別式火葬
一般葬
家族葬
一日葬
直葬

表で示したとおり、一日葬は通夜を実施しないことが他の葬儀との一番の違いです。ただしそれ以外の部分では、一般葬や家族葬との違いがあまりありません。

一日葬の一般的な流れ

一日葬では、お通夜が省略されます。一日葬当日は、故人を納棺し、葬儀・告別式を実施したあとに出棺、火葬という流れが一般的です。

火葬後の流れは、一般葬と変わらず骨上げ後に初七日の法要まで進めるケースが多いです。その場合は、親族や僧侶の都合を確認しておきましょう。

一日葬の流れ

①臨終

故人の臨終後は、病院や施設にて死後処置やエンゼルケアを受けます。それと同時に医師からの死亡診断書を受け取ります。

②搬送・安置

自宅で安置する場合は、自宅へ故人を搬送します。自宅での安置が難しい場合は、安置専用の施設を利用できるかどうか葬儀会社等に確認しましょう。

③葬儀社との打ち合わせ

安置専用施設の利用に関しての確認だけでなく、葬儀・告別式の手配、火葬場への申込みなど葬儀社との打ち合わせを進めます。打ち合わせの際は、提示された費用やプラン内容にはしっかり目を通しておきましょう。オプション項目等がある場合も、料金や内容を確認しておくことで、葬儀後のトラブル回避に役立ちます。

④寺院・僧侶への報告

他の家族の葬儀を既に経験しているなど、菩提寺がある場合は寺院・僧侶へ故人の訃報を知らせます。この時「一日葬で実施したいと考えている」ことも合わせて伝え、理解を得ましょう。さらに、葬儀の際にで読経を依頼したいのか、宗教的な儀式は軽減したいと思っているのかについても相談しておくことが大切です。

⑤通知

親族や故人と親しかった友人・知人などへ故人の訃報を知らせます。その際に「葬儀は一日葬で実施する」ことも合わせて報告しましょう。

一日葬に難色を示す方がいることも予測できます。その場合は、遺族側の意向をしっかり伝え理解を得ましょう。

また、一日葬に参列してほしいと思っている方に対しては個別に葬儀・告別式の時間や開催場所などの情報をお伝えしておきます。

《葬儀当日》

⑥納棺・葬儀・告別式

故人の身支度を整えた後、納棺し、葬儀・告別式を実施します。故人に別れを告げ、お花や故人の嗜好品などを棺に納めましょう。しかし棺に入れてはならない物もあるため、納めることを迷う品物がある場合は、葬儀社スタッフなどに確認してから納めるようにしましょう。

⑦出棺

⑧火葬

炉前での読経も希望がある場合は、実施することは可能です。その他、焼香を行うことも可能であるため、葬儀スタッフや僧侶に希望を伝え、実施できるかどうか確認しましょう。

⑨骨上げ

⑩還骨法要(かんこつほうよう)・初七日法要

骨上げした後は、還骨法要(かんこつほうよう)だけでなく、初七日の法要を実施するケースも多いです。骨上げと同時に実施できれば、参列者の負担も軽減できるためです。法要が実施できるかどうかについても、寺院・僧侶へ確認して起きましょう。

⑪終了

一日葬では精進落としは実施する?しない?

一般葬の場合、火葬後に参列者などを食事でもてなす「精進落とし」の席を設けることが多いです。一方、一日葬で故人を送る場合には、精進落としは必須ではありません。参列者が家族を中心とした少人数である場合は、精進落としを実施せず解散することや、お弁当の持ち帰りで済ますケースもあります。

一方、一般の参列者が多い場合は精進落としをおこなった方が良い場合もあります。精進落としの席を設ける場合は、参列者への葬儀参加に感謝し、参加者一同で故人を偲びましょう。

一日葬のメリット

葬儀を一日で済ませられる

遺族にとって、大切な家族の葬儀を二日間にかけて実施することは、体力的にだけでなく精神的にも負担が大きいもの。しかし一日葬であれば、葬儀は一日で済みます。これは、準備やおもてなし等で負担の大きい遺族側にとって、メリットの1つと言えるでしょう。また参列者側にとっても葬儀の日程が一日で済むため、負担が軽減されるでしょう。

通夜を実施しない分、故人との時間をゆっくり過ごせる

通夜がある場合は、弔問客に対してのおもてなしが必要なため、大切な家族を亡くした哀しみに浸る間もなく対応に追われることも。しかし一日葬では通夜を実施しないため、故人との最期をゆっくり過ごすことができるでしょう。

一般葬と比較すると費用が抑えられる

通夜を省略する一日葬では、通夜振る舞いや返礼品の準備をする必要がないため、一般葬と比較するとその分の費用が軽減できます。また遠方から親族が参列する場合など、宿泊先を手配する必要もなくなることが考えられます。

一日葬のデメリット

参列者が葬儀に出席できない可能性がある

一般的には午前中から葬儀を開始することが多いため、葬儀当日の参列が難しい場合、通夜への弔問を検討することも多いです。

しかし、一日葬は葬儀当日しか故人とのお別れの時間がありません。特に仕事がある等スケジュールが多忙な場合、葬儀の日程に予定を合わせられない参列者がいる可能性があります。

菩提寺の許可が得られない場合がある

通夜を省略する一日葬は比較的新しい葬儀のスタイルため、通常の葬儀の流れを重視する寺院・僧侶によっては、許可を得られない場合もあります。

許可が得られないと読経をあげてもらえないなど、トラブルに発展してしまうケースもあるため注意しましょう。今後のトラブルに繋げないためにも、しっかりコミュニケーションをとることが大切です。

親族に受け入れられないケースも

イキカタ編集部が実施した西日本新聞読者モニターを対象とする「家族葬に関するアンケート」では「知っている葬儀形式」として、一日葬を回答した人は、全体の約16%に留まりました。一日葬は、新しい葬儀スタイルであることもあり大半の方が把握していないことが分かります。さらに参列の経験がある人は全体の約2%とごく少数のため、経験数としても多いとはいえないことが現状です。

https://ikikata.nishinippon.co.jp/kazokusou/507/

そのため、訃報と同時に通夜を実施しないと報告した際「通夜も行わずに家族を見送るなんておかしい!」と、異論を唱える方もいるかもしれません。親族間などでトラブルに発展する場合を想定し、コミュニケーションを密にとっておくことが大切です。

二日分の会場費を請求される場合もある

通夜を実施しないにもかかわらず、葬儀場の会場費用を二日分請求されたという体験談もあります。これは、葬儀は一日だけであっても、遺体をの搬送は前日となったため。

会場の利用に関する費用がどのように取り決められているのか、葬儀社との打ち合わせ時点でしっかり確認しておきましょう。

トラブル防止には報・連・相が大切

一日葬のトラブルを防止するためには、周囲への報・連・相が大変重要です。生前からの遺志として一日葬の実施希望を聞いている場合や、遺族が一日葬の実施を強く希望している場合は、菩提寺や親族に意向を伝え、理解を得ておくと安心です。

また、参列者の負担を減らすべく夕方から一日葬を実施できるプランも登場しています。「葬儀は午前中から」というイメージばかりを意識せず、参列者の都合を考慮し、日程や時間帯に気をつけることがトラブルを回避する結果に繋がります。

一日葬にかかる費用

一日葬に必要である費用は通夜に必要な費用を除き、一般葬や家族葬と変わらず

①葬儀社に支払う費用

②葬儀社以外に支払う費用

があります。葬儀社から提示された料金だけが葬儀に必要な費用ではないことを念頭に置くことが大切です。その上で予算を考慮しながら内容を決定していくと良いでしょう。

①葬儀社に支払う費用

葬儀社に支払う代金は、葬儀打ち合わせ時点等で提示される費用です。一日葬で葬儀社に支払う費用の相場は30万円〜50万円といわれていますが、これより高額な場合も安価な場合もあります。どちらの場合でも、含まれている内容を確認し、疑問点があればクリアにしておきましょう。

なお、葬儀社に支払う費用の中には棺代や骨壺代、遺影代などだけでなく、控え室の使用料やスタッフのサービス料なども含まれていることが多いです。

また、葬儀社によっては火葬場の使用料や火葬代金などはプランに含まれていない事もありるため、確認しておくと安心です。

②葬儀社以外に支払う費用

一日葬だけでなく、他の葬儀スタイルで故人を見送る場合でも、葬儀会社の他にも支払いが必要な項目があります。

お布施

寺院・僧侶に読経などの宗教的な儀式を依頼する場合は、お布施が必要です。戒名をつけるために、読経とは別のお布施を用意しなければならない場合もあることにも注意しましょう。相場が分からない場合は、寺院・僧侶に伺うことも問題ないため、相談してみるとよいですね。

会葬返礼品や香典返し

葬儀へ参列頂いた方へ、その場でお返しする品物が会葬返礼品です。さらに、香典を辞退しない場合は、参列者から香典を頂戴する可能性が高いです。頂いた香典に対しては四十九日の忌明けに香典返しをお渡しする必要があるため、品物の用意を検討しておきましょう。

食事代

精進落としを実施する場合は、食事にかかる費用が必要です。

一日葬は通夜を省くことで負担軽減できるが注意点も

一日葬は、通夜を実施せず葬儀・告別式を実施できる葬儀のスタイルです。通夜に訪れる弔問客がいない分、遺族が故人と過ごす時間をゆったりとれることや、葬儀一連の費用を抑えられることが魅力だといえます。

しかし、一日しか葬儀を行わないということは、それだけお悔やみの機会が減るといること。お仕事等のスケジュールが調整できず、参列できない方がいる可能性もあります。参加して欲しい方の都合を考慮し、スタート時間を夕刻に設定したり、参列者のスケジュールを把握した上で葬儀日程を決めるなどの配慮も必要となるでしょう。

菩提寺や親族に受け入れられない可能性も否定できないため、報・連・相を忘れず実施し、トラブルを防止することも大切です。遺族側の負担が減ることで故人との別れの時間を大切にすることも叶います。後悔の無い見送りを進めていきましょう。

目次
閉じる