MENU

芳名帳とは?芳名帳の役割と書き方・入手方法や処分について解説

目次

芳名帳とは葬儀に出席するときに名前や住所などを記帳する冊子

芳名帳とは、葬儀に出席する際に自分又は会社、代理人の氏名や住所等を記帳する冊子のことです。芳名帳の他に、芳名録と呼ばれることもあります。葬儀だけでなく、結婚式でも使用されています。

受付での記帳が一般的

芳名帳は受付に置かれていることが一般的で、受付の担当者が参列者に依頼するケースが主です。依頼を受けた参列者は、自身で必要項目を記帳します。

芳名帳は、会葬者名簿の役割も担っています。葬儀の受付の担当を任された場合は、通夜・葬儀に参列された方全員に記帳を依頼しましょう。

通夜と葬儀当日で芳名帳が分けられていることも

芳名帳は、遺族側が参列者を確認するための冊子です。そのため、通夜は通夜用、葬儀当日は葬儀用と、2冊に分けられていることもあります。この場合は、両日共に記帳することがマナーです。

一方で「両日参列される方は、どちらか一方だけの記帳でよい」など、指示を受けている場合はそれに従いましょう。

香典帳との違い

香典帳とは、通夜や葬儀でいただいた香典を「だれからのものか、いくら頂いたか」記録するための帳簿です。参列者が香典額を記入することはなく、遺族側が葬儀後に作成することが一般的です。

香典額を記入するかどうかがもっとも違うポイント。両者は似た言葉ですが、違いを把握しておきましょう。

あわせて読みたい
香典帳とは?作成方法は?記録する項目は?自作のメリットやデメリット、活用方法を徹底解説!
香典帳とは?作成方法は?記録する項目は?自作のメリットやデメリット、活用方法を徹底解説!香典帳とは、通夜や葬儀などで頂いた香典が「誰から・いくら頂いたのか」を記録しておくための帳簿のことです。制作者は、喪主側です。

芳名帳の書き方

芳名帳に記帳されている情報は、遺族側にとってとても大切な情報です。「どこの誰なのか」を明確に理解してもらえることを意識し、記帳するとよいでしょう。

遺族は芳名帳を確認し、お礼状や香典返し等の準備を進めます。誰が見ても分かりやすいような文字になるよう心がけましょう。

参列パターンにあった記帳のマナー

参列パターン記帳項目注意点
個人での参列・氏名
・住所
・名字が変わっている事を遺族が把握していない可能性がある場合は、旧姓を添えてもOK。
・読み方を間違われやすい名前の場合などは、氏名にふりがなを付けてもOK
会社関係者としての参列・会社名
・会社の所在地
・個人名
・代表で参列する場合は「代表」と記してから個人の氏名を記帳する
代理(職場関係)・会社名
・所在地
・代理を依頼された方の所属部署、役職、氏名
・代理を依頼された方の氏名の下か横に「代理」もしくは「代」と記入し、代理人の氏名を記帳する
代理(夫の代理に妻が参列)・夫の住所
・夫の氏名
・親族ではない葬儀の場合は、夫の氏名の下に「内」と記帳する。
・親族の葬儀の場合は、夫の氏名の下に「家」と記帳する。
※「家」の記帳があることで、家族単位での参列と見なされる

芳名帳の入手方法

芳名帳は、葬儀プランに含まれていることもあるため、あえて用意する必要がない場合も多い一方、別途準備する必要がある場合も考えられます。

プランに含まれているかを確認し、自身で用意する(もしくは、用意したい)場合は、以下の入手方法を参考に準備を進めます。

既製品を購入する

芳名帳は葬儀会社でも販売されているケースがあるため、購入できるかどうか相談するとよいでしょう。

気に入ったデザインを購入したい場合や、芳名帳がどのようなものか判断できない場合は、実物をみてからの購入がおすすめ。その際は量販店や文具店などで購入すると良いでしょう。

インターネットでの購入も可能

インターネットの通販サイトでも芳名帳は販売されています。デザインも豊富に登場しているため、一度チェックしてみましょう。

しかし、インターネットでの購入は、配送に時間がかかるケースや、実物を見られない事がネックです。到着時期を確認することや、サイズを把握してから購入すると良いでしょう。

自作する

芳名帳を自作で用意することも可能です。自作はコストカットにも役立つだけでなく、自分が欲しい内容にカスタマイズできることが魅力。制作方法も簡単で、リングファイルやノートを活用する方法が手軽です。

無料でテンプレートをダウンロードできるサイトもあるため、自作する場合は活用すると良いでしょう。

芳名帳の保管方法

芳名帳は今後、自分が葬儀に参列することになった場合の香典額の参考などにも活用できる帳簿です。四十九日の忌明けのタイミングなどで処分するかどうか悩むことも考えられますが、今後のために保管しておくことを検討しましょう。

家庭によっては、家系が途切れるまで保管すべきと考えていることもあり、破損・紛失を防ぐためにも、パソコンでデータとして管理することもオススメです。

処分する際はシュレッダーを活用する

葬儀から長い年月が経過しもう必要ないと思うものや、パソコンへ書き写したものは、処分の対象となります。処分する際は、個人情報が載っていることに配慮し、シュレッダーを活用して処分すると良いでしょう。

芳名帳とは通夜・葬儀に参列いただいた方の名前と住所を把握する帳簿

通夜や葬儀の受付で参列者に記帳を依頼する芳名帳。参列者の氏名と住所を把握することに役立ち、葬儀シーンのほかにも結婚式などで活用されています。

記帳する際は、参列パターンにあった記帳のマナーを意識し、相手が読みやすいよう丁寧な字でハッキリ書くことを心がけましょう。

喪主側は芳名帳の情報を参考に、葬儀後のお礼やご挨拶などに活用できます。さらに今後の活用が期待できるため、すぐに処分せず大切に保管しておくと良いでしょう。古い物などは処分の対象ですが、個人情報に配慮するためにもシュレッダーの活用がおすすめです。

目次
閉じる