MENU

弔問とは?通夜前と葬儀後の弔問マナー・お悔やみの声掛けのポイントと例文を紹介

目次

弔問とは故人の死を悼み、遺族へお悔やみを伝えること

弔問とは遺族の元を訪れ、故人の訃報を悼みお悔やみの言葉を伝えることを意味しています。読み方は「ちょうもん」。弔問に訪れた人のことを「弔問客」と呼びます。

故人が安置されている場所へ出向くため、訪問先が自宅に限定されるわけではありません。葬儀場に安置されている可能性もあるため、弔問する場合はどこへ行けばいいのか確認しましょう。

弔問するタイミング

弔問するタイミングは

・通夜の前

・葬儀が終了し、数日たってから

以上の2つが一般的です。

訃報を聞いていてもすぐに弔問できない場合は、お手紙を添えた線香を郵送すること、弔電を活用しお悔やみを述べることも可能です。

遺族からの依頼がない場合、通夜前の弔問は原則控える

通夜前に弔問する場合は、故人との関係性や遺族の意向に注意が必要です。一般的に通夜前の弔問は、親族やとても親しい友人が中心。その他の関係性の方が無理に弔問すると、マナー違反となる場合もあります。

自分の気持ちよりも遺族への配慮を優先し、弔問すべきかどうかを判断しましょう。

通夜前の弔問マナー

遺族は通夜や葬儀の準備に追われていることも考えられます。そのため、弔問することを決めた場合は、マナーを意識し、遺族への配慮を忘れないこと大切です。迷惑にならない行動ができるよう、普段からマナーを把握しておくことも必要だといえます。

弔問の前は遺族への確認を

通夜前は通夜の準備で遺族が忙しくしている事も多く、突然の訪問は対応に困るケースも考えられます。遺族から弔問の打診を受けていたとしても、訪問前には一報を入れるなど配慮する気持ちを忘れないようにしましょう。

服装は平服を意識して

葬儀や告別式にはブラックスーツなどの礼服を着用することがマナーですが、弔問の際は平服で出向く事がマナーです。この理由は喪服を着用すると「死を予兆し、準備していた」ように見えてしまうため。また、平服と言っても華美すぎたりカジュアルすぎる服装はさけ、喪服と同じような地味で落ち着いた色味の物を選ぶよう心がけましょう。

通夜前の弔問に香典は不要

弔問のタイミングが通夜前である場合、香典の準備は不要。香典を持参した場合も「訃報を予想し、準備していた」と見えてしまうためです。弔問は、あくまでも「故人の訃報を聞き、お悔やみを述べること」が目的。通夜前のタイミングでは香典を持参しないよう注意しましょう。

どうしても何かを持参したい場合は、故人が好んでいた果物やお菓子、装花のアレンジメントなどを用意されると良いでしょう。

お悔やみを伝えたら早めの帰宅を

遺族は通夜、葬儀の準備を慌ただしく進めています。お悔やみを述べたら速やかに帰宅するよう心がけましょう。長話は厳禁です。

葬儀などをお手伝いしたいと考えている場合は、弔問時に一声掛けてみましょう。女性の場合はエプロンを持参し、準備のお手伝いを申し出ると良いでしょう。

葬儀後の弔問マナー

故人の訃報を葬儀後に知った場合、後日弔問したいと考えることもあるでしょう。この場合も、遺族への配慮を忘れず予定を立てることが大切。葬儀が終わっているとはいえ、遺族が慌ただしくしている事も想像できるため、弔問マナーを意識しスケジュールを組んでいきましょう。

日程は遺族と相談して

弔問する場合は遺族と日程を相談し、アポをとってから訪問することが大切です。

また、故人とは親しい間柄であった場合でも、遺族と面識がないこともあるでしょう。その場合も遺族との相談が必須。全く知らない人を自宅に上げることに抵抗があることも考えられるため、弔問を控えハガキや線香を送るなどでお悔やみを述べることも検討しましょう。

服装はカジュアルすぎない平服を意識

後日の弔問の場合も、平服で出向く事がマナーです。これには、遺族へ新たな悲しみを抱かせないためという理由があります。

もちろん派手すぎるデザインやカジュアル過ぎるものはNG。清潔感のある落ち着いたデザインなら喪服に見えない色味のものを着用しても問題ありません。

結婚指輪を付けることに問題はないものの、アクセサリーは控えることが無難。靴やバッグも光沢のないシンプルなデザインをチョイスすると良いでしょう。

香典を渡していない場合は持参して

通夜や葬儀で香典を渡ししていない場合は、弔問した際にお渡しできるよう香典を持参しましょう。その際は弔問が四十九日までは「御霊前」、四十九日以降なら「御仏前」を表書きに添えます。

しかし、特に家族葬などで葬儀を済ませている場合は「香典を辞退する」意向がある可能性もあります。その場合、香典を渡してしまっては、香典返しの準備で遺族に負担を掛けてしまうことに繋がりかねません。

用意した香典を受け取ってもらえない場合は無理に渡そうとせず、持ち帰ることも時には必要です。

四十九日までに弔問することが一般的

葬儀後に弔問する場合は、忌明けとなる四十九日までの日程を検討することが良いとされています。

これは、葬儀からあまりにも日にちが経ちすぎると、弔問客をもてなすための準備等が遺族の負担になる可能性があるためです。さらに遺族が気持ちも新たに生活している中、訃報を思い返させないことも意識したいポイントといえます。

ただし、四十九日を過ぎたら弔問できないわけではありません。あくまでも四十九日までを弔問の目安と考え、四十九日以降に弔問したい場合は、遺族と相談することが大切です。

一方、葬儀後すぐは遺族の負担を大きくする可能性があるため、弔問は控えます。葬儀の後片付けがある程度落ち着く3日後以降で検討すると良いでしょう。

お悔やみの言葉のポイントと例文

弔問の際遺族に出会ったら、お悔やみの言葉を述べます。ポイントや例文を参考に、遺族や故人との関係性を考慮し、述べる言葉を考えておきましょう。

ポイント①お悔やみの言葉は手短に

通夜前などに弔問する場合は、遺族には葬儀の準備があることを意識し、お悔やみの言葉を手短に済ませる事がポイントです。

一方、葬儀後の場合は遺族へ故人との思い出話を伝えることも問題ありません。遺族の表情や心境に考慮し、言葉を選ぶと良いでしょう。

ポイント②死因を聞くのはマナー違反

弔問のタイミングがいつであるかに関わらず、故人の死因を聞いたり、事故などの経緯を詳しく聞くことはマナー違反。この他、死に対する直接的な表現を避けることも意識しましょう。

ポイント③忌み言葉に注意する

不吉な言葉や不幸を連想させる言葉を「忌み言葉」と呼びます。忌み言葉は慶事だけでなく弔事でも使用しないことがマナーのため、遺族への言葉かけの際は、忌み言葉に注意することも大切です。

代表的な忌み言葉

理由言葉
不幸が続くことを連想させる再び 追って 再三 繰り返し 続く など
不幸が重なることを連想させる重ね重ね くれぐれも たびたび ますます しばしば いよいよ など

お悔やみの言葉例文

●この度は、誠にご愁傷様です。心よりお悔やみ申し上げます。

●療養から必ず回復されるものとばかり思っており、とても残念です。ご家族の皆さまもお疲れもあると思いますので、どうぞご自愛ください。

●生前から◎◎さんには本当にお世話になりました。恩返しもできず無念です。心よりご冥福をお祈りいたします。

時には弔問を控える意識も必要

親族はもちろん、故人と親しい関係がある場合は、訃報を受けたら早い段階で弔問したいと考える一方で、時には弔問を避ける方が良い場合もあります。遺族の気持ちに配慮し、負担にならないよう注意しましょう。

遺族が動揺していると考えられる場合

故人が高齢で他界した場合や、闘病後の訃報である場合であっても、大切な家族を亡くし、遺族が動揺していることは十分にあり得ます。さらに事故などの急逝であれば、心の傷も大きいことでしょう。

このように遺族が大きく動揺していることが考えられる場合は、迷惑をかけないためにも弔問を控えることも必要です。あえて出向かないことが遺族への大きな思いやりに繋がります。

妊娠中など自身や家族に慶事が控えている

自分自身が妊娠中である場合や、本人もしくは身内の結婚式が間近に迫っているなど、慶事を控えている場合も弔問を控える方が無難です。

子連れでの弔問には状況判断が必須

弔問に子どもを同行させることは一般的には可能です。しかし、亡くなったのがお子さんというケースの場合、同行は避けたほうが良いでしょう。年齢の近い子どもを見たら遺族の哀しみが増す可能性もあるためです。遺族にこれ以上の辛い思いをさせないためにも、子どもが同行する弔問には注意を払いましょう。

子どもと一緒に弔問しない場合でも、遺族との会話の中で子どもの話題を出さないなどの配慮も必要です。

弔問とは故人の訃報を悼み、遺族への思いやりを大切にお悔やみを伝えること

訃報はいつも突然です。遺族はもちろん弔問する側も動揺し、悲しみが大きい事でしょう。しかし、その悲しみの中でも遺族は葬儀などの準備を進めています。お悔やみを述べたい気持ちを持ちつつ、遺族への配慮を忘れてはなりません。

葬儀後に弔問する場合は、遺族の予定を確認することを意識し、会話の内容や弔問の日程にも注意しながら予定を立てると良いでしょう。

Check Point 通夜前と葬儀後の弔問マナーまとめ

時期 服装アクセサリー香典言葉かけ
通夜前  喪服はNGであるものの、暗い色味の物を選ぶことがベター。結婚指輪以外のアクセサリーは付けない。香典は持参しないお悔やみを述べたら速やかに帰宅することが望ましいが、葬儀準備などを手伝いたい場合は、遺族へ申し出、判断を仰ぐ。
葬儀後喪服はNG。清潔感のある服装が好ましく、喪服に見えないカラーでもOK結婚指輪以外のアクセサリーは付けない。通夜や葬儀で香典を渡していない場合は持参するお悔やみを述べ、状況に応じて故人との思い出話をしてもOK

目次
閉じる