MENU

ご芳名とは?意味や使われるシーン・書き方、消し方を解説

目次

ご芳名(ほうめい)とは相手の名前の丁寧な言い方

「芳」という字には評判が良い、誉れ高い、行為や志がすばらしいという意味があります。こうしたことから「芳名」が相手の「名」を敬う、丁寧な言い方であることがわかります。

ご芳名(ほうめい)は、このような意味のある「芳名」に敬意を表す接頭語「ご」をつけた言葉です。相手を敬う意味のある「芳名」にさらに敬意を表しているため、二重敬語になります。

文法上で二重敬語はNGとされていますが、「ご芳名」の場合は広く浸透しているために許されています。文法を大切にしたいために「芳名」と表現すると、かえって違和感があるので気を付けましょう。

ご芳名はどんな時に使われる?

ご芳名という言葉が使われるシチュエーションは様々です。結婚式や葬儀での受付で書く芳名帳や、ビジネスにおけるやりとりなど様々な場面で使われています。

結婚式で

結婚式の招待ハガキには「ご芳名」という言葉が書いてあります。また受付で書く芳名帳にも「ご芳名」の記載があるのを見たことがある人は多いでしょう。

招待状

結婚式の招待状には「ご芳名」という言葉が記されています。記載されている場所は、出欠を確認する返信ハガキの裏側です。招待者の住所氏名を記載する欄に住所と並んで記されています。

芳名帳

芳名帳は結婚式の受付で、招待客の住所氏名を記載する帳面のことです。芳名カードやゲストブックとよばれることもあり、裏面などにメッセージを書くケースもあります。

あわせて読みたい
芳名帳とは?芳名帳の役割と書き方・入手方法や処分について解説
芳名帳とは?芳名帳の役割と書き方・入手方法や処分について解説【芳名帳とは葬儀に出席するときに名前や住所などを記帳する冊子】芳名帳とは、葬儀に出席する際に自分又は会社、代理人の氏名や住所等を記帳する冊子のことです。芳名...

葬儀で

葬儀の場合も受付で芳名帳や芳名カードが置いてあるので、そこで住所氏名を書きます。

葬儀の場合は結婚式とは違い、招待状はありません。そのため後日、香典返しを送る際に参列者の住所氏名が必要です。

ビジネスシーンで

ビジネスでも「ご芳名」は使います。たとえば、新商品発売イベントや周年パーティーなどを開催し、他社の人を招待する際です。

その招待状に結婚式同様に「ご住所、ご芳名」と記して出欠の返事をもらいます。

芳名帳の書き方

結婚式や葬儀での芳名帳には、それぞれ決まった書き方があります。本番で困ってしまわないようにしっかりと覚えておきましょう。

結婚式での書き方

受付にある黒ペンか筆ペンなどを使って、芳名帳に住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど指示された欄に書きます。メールアドレスは、書きたくないのであれば、空欄にすることも可能です。不安な場合は受付の人に聞いてみてください。

式によっては、メッセージを求められることもあります。その場合は祝福のコメントを簡潔に丁寧な字で書きましょう。

葬儀での書き方

葬儀の場合も受付に芳名帳が用意されていることがほとんどです。住所、氏名をその場に置いてある黒いペンか筆ペンで書きます。

もしも書きやすい筆記用具があれば、持参したものでも大丈夫です。ただし、黒のボールペンか筆ペンにしましょう。

ご芳名の消し方

ご芳名は相手を敬うために使う言葉なので、自分の名前を自分で書く際はふさわしくありません。そのため、ご芳名の「ご芳」の部分を二重線で消します。線が曲がらないように定規などを用いても良いでしょう。

芳名帳での消し方

芳名帳の場合は、二重線でご芳名の「ご芳」部分を消します。そうすると「名」のみが残るので、そのまま自分の名前を書きます。又は、名に「前」を書き足して「名前」として書くのもありです。ご住所の「ご」も同様に消してください。

結婚式の招待状での消し方

結婚式の招待状の場合も芳名帳と同じで、ご芳名の「ご芳」を二重線で消します。ご住所、ご出席、ご欠席の「ご」も同様に消してください。出欠はどちらか一方を〇で囲む場合が多いです。

二重線でなく「寿」という文字で消す「寿消し」という消し方もあります。消したい文字の上に「寿」と書きます。色は黒、赤、朱色のどれでも大丈夫です。ご芳名の場合は「ご」と「芳」の上に「寿」を書きます。または「寿」というハンコを使用しても良いでしょう。

メールでの消し方

ビジネスの場合、メールでイベント等の招待やアンケートの依頼を受けることがあります。その場合は「ご芳名」「ご住所」などを「名前」や「住所」に書き換えます。

またビジネスでのやり取りでは「貴社」という書き方のメールを受け取る場合があります。そんな時は「弊社」に書き換えて返信するようにしましょう。

まとめ:ご芳名の使い方・消し方を覚えておこう

ご芳名は相手を敬う意味の言葉です。結婚式、葬儀などのイベントに招待する人や参列する人に対して使います。

ご芳名は自分に対して使う言葉ではありません。そのため、仮に招待される側になった場合、気を付けることがあります。

結婚式の招待状や、結婚式や葬儀の芳名帳に自分の住所氏名を書く場合「ご芳名」「ご住所」と書かれていたら、敬意を表す「ご芳」「ご」の部分は二重線で消します。メールの場合は「氏名」「名前」「住所」などに書き換えるようにしましょう。

覚えておくといざというときに役に立ちます。

目次
閉じる