MENU

袖石とは?|意味や役割を解説

目次

「袖石」とはお墓の入口左右にある石のこと

「袖石(そでいし)」とは、石段の左右端にある石のこと。お墓では入り口の左右にある石のことを言い、外柵を含めて「袖石」と呼ぶこともあります。階段のあるお墓では、段の両脇にある石が「袖石」です。

「袖石」の役割

袖石には、隣のお墓との境界線を明確にするという役割があります。そのため広めの区画のお墓に用いられることが多いです。また見た目においても重厚感が増すなど、デザイン的な意味合いも強くなっています。

目次
閉じる