MENU

死産とは?|意味は?どのような葬儀・供養をすべきか?

目次

死産とは妊娠12週目以降に死亡した胎児を出産すること

余りにも悲しいことですが、死産とはせっかく授かった赤ちゃんが亡くなったまま生まれてくることです。

一緒に生きることができなくてもかけがえのないわが子です。心を込めて見送ってあげたいと思うのではないでしょうか。また、友人知人の死産の葬儀の際に心がけることも挙げてみます。

死産の定義

厚生労働省で定義している死産は妊娠12週目以降の胎児の死亡です。つまりお腹に12週間以上いた赤ちゃんが、亡くなった状態で生まれてくることを意味します。死産の原因はさまざまで母体にあるケースや、赤ちゃんに先天性の異常がある場合もあります。

流産との違い

日本産婦人科学会によると、流産は妊娠22週目よりも前に妊娠が継続できない状態になることです。厚生労働省で掲げている妊娠12週目以降の死産と重なってしまいますが、法律と医学的見地の違いになります。流産は染色体の異常など、赤ちゃんに原因があることが多いです。妊娠22週よりも前というと、赤ちゃんはまだ不完全でお腹の外ではまだ生きていけない状態といえます。

死産から葬儀に至るまでの手続き

お腹の中で育ててきたわが子が亡くなって生まれてくるという悲しい死産ですが、せっかく胎児として宿ってくれたわが子です。きちんと埋葬してあげたいと思うものでしょう。悲しみをこらえながら手続きをしなくてはなりません。まずは葬儀までにすべき手続きを紹介します。

妊娠12週以降は死産届を出す

先ほど説明したとおり、妊娠12週以降に出産して赤ちゃんが亡くなった場合を死産といいます。その場合は亡くなってから7日以内に死産届を出すように厚生労働省で義務付けられています。住んでいる市町村の役所に、赤ちゃんを産んだ本人か家族が死産届を提出しなければなりません。たとえ12~22週の後期流産という診断であっても、戸籍法では12週目に入っていれば、死産とみなされます。

死産届は医師が助産師が記す死産証書(死胎検案書)がついているため、用紙を病院でもらうこともできます。以下は群馬県安中市の例です。

死産届け出手続きについて《妊娠第4月〈12週〉以後の胎児は届出が必要です。》

届出期間:死産後7日以内

届出人:父。やむをえない事由のために父が届出をすることができないときは母。

届出場所:次のいずれかの市区町村役場

     ・届出人の所在地

     ・死産のあったところ

届出に必要なものおよび注意事項

     ・死産届書(用紙は病院、または本庁市民課窓口・支所住民福祉課窓口にあります。)
     ※死産届書には死産証明がついていますから、医師または助産師に証明してもらってください。

     ・届出人の印鑑

注意事項

・死胎埋火葬許可証が発行されますので、あらかじめ火葬の日時と場所を決めておいてください。

・母が安中市の国民健康保険に加入している場合は出産育児一時金が給付されます。しかし、母本人が継続して1カ年以上勤務し退職後6カ月以内の出産については、社会保険事務所に請求してください。

・妊娠第7月〈24週〉以降の死産児については、死産後24時間経過しないと火葬できません。

引用 群馬県安中市ホームページ https://www.city.annaka.lg.jp/jumin_koseki_hikkoshi/koseki/06.html

役所で死胎火葬許可証という埋葬許可証が発行されたら、亡くなった赤ちゃんを荼毘に付します。場所は指定された地域の火葬場です。

妊娠22週以降出産後に死亡した場合出生届と死亡届が必要

妊娠22週以降に出産して赤ちゃんが死亡してしまった場合は、出生届と死亡届の両方が必要です。出生届が出されれば、戸籍にも赤ちゃんの名が記載されます。戸籍に記入されると、赤ちゃんは間違いなくこの世に存在していたという証にもなるので、愛情いっぱいの名前を考えてあげたいものです。死産で亡くなっているため除籍はされますが、戸籍に名を残せることでこの世での存在感を示すことにもなります。

ただし、生まれることなくお母さんのおなかの中で赤ちゃんが亡くなってしまった場合は、出生届は出さず死亡届のみになるため赤ちゃんの戸籍は作れません。生まれたのち、少しでも生存していたかどうかが分かれ道ですが、素人ではわからないので医師の判断にゆだねます。

妊娠24週以上だと分娩後24時間経過してから火葬

妊娠24週以上たってからの死産の場合は、24時間経過してからの火葬になります。その間、赤ちゃんの亡骸は自宅に安置されることになるので、ドライアイスなどが必要です。葬儀社にたのめば用意してくれますが、葬儀社を通さずに見送りたい場合は自分たちで用意しましょう。季節にもよりますが、かなりの量のドライアイスが必要になるため、金額は1万から数万かかるでしょう。

人それぞれの赤ちゃんの葬儀

残念ながら死産となってしまった場合の赤ちゃん葬儀について紹介します。小さな棺や骨壺、納骨について、また費用の一例についても調べてみました。

小さな棺に入れてあげたい

赤ちゃんがどんなに小さくても、きちんと棺に入れてあげたいものです。亡くなった赤ちゃんの棺は、病院で用意してもらえることが多いです。もしも病院で用意できない場合は、葬儀社に相談しましょう。棺には種類もあるので、気に入ったものを選べます。

小さな棺の中には、おもちゃや絵本を入れても良いでしょう。余りにも小さい棺だと入れにくいので大きめの棺を選ぶと良いです。ただし燃えにくいものなどもあるので、火葬場や葬儀社に相談してみてください。

かわいい骨壺に入れてあげたい

死産の赤ちゃんを火葬する場合、小さくてかわいい骨壺に入れたいものでしょうが、骨が残るかどうかは妊娠週にもよります。もちろん、少しでも大きく育っている赤ちゃんの方が骨が残るでしょう。まだ小さい赤ちゃんでも、骨を残したい場合は火葬場との相談になります。しかし素人ではタッチしにくい問題なので、専門の葬儀社に相談した方が賢明です。

骨壺は棺とセットになっている場合もありますし、骨壺のみの場合もあります。小さなお骨なので、骨壺でなくても気に入った容器に保管して家に置いておくことも可能です。また、菩提寺がある人はお寺に納骨を相談することもできます。

納骨は考え方による

死産で亡くなった赤ちゃんの納骨は家族の考え方次第です。国で定められている明確な決まりはありません。

たとえば納骨はしないで手元に置いておきたいのであれば、それでも良いのです。遺骨の一部をペンダントなどに入れて持っているという人もいますし、納骨して先祖代々のお墓に埋葬するという人もいます。

または、しばらく自分の近くにお骨を置いておいてから納骨する場合もあるでしょう。人それぞれの愛情で少しの間でも、この世に生まれてきてくれたわが子を大事に見送ってあげたいものです。

費用の一例

死産の葬儀費用は火葬のみで済ませる場合もあるので、そんなに高額にはなりません。もしも火葬のみであれば1万円くらいです。

葬儀社を頼む場合は3万円から10万円くらいかかりますが、火葬などのすべての手続きをしてくれるので気持ち的には楽です。だいたいの病院には専属の葬儀社の存在があるため、任せてしまうこともできます。それにプラスしてお寺へ納骨や戒名を頼むのであれば、さらに費用が30万から50万かかるでしょう。

両親の心のケアをするための周囲の配慮

友人や知人、家族などが死産で子供を亡くしてしまった場合の心のケアについて考えてみます。誰にでもあり得る悲しい出来事です。悲しみに打ちひしがれる人への接し方は知っておいた方が良いでしょう。

葬儀に参列の際は親御さんへのいたわりの気持ちを

上記したように、死産で亡くなった赤ちゃんの葬儀は考え方次第ですが、もしも葬儀をする選択をした友人、知人、家族などがいた場合は気持ちを考えてできる限りいたわってあげたいものです。人によっては自分を責めて苦しんでいる場合もあります。特に産んであげられなかったという思いで、心身ともに疲れてしまったお母さんもいるでしょう。

葬儀に参列する場合、あなたにお子さんがいるのであれば、葬儀に連れて行くことは控えた方が良いでしょう。もしも、子供を預けられないのであれば、葬儀に行くのは控えて後日、香典をもって訪問しましょう。また子供を連想させるようなものは見せないようにするなど配慮が必要です。相手の複雑な気持ちを思いやってあげてください。

香典の相場は立場による

香典の相場は相手との関係にもよります。もしも家族であれば1万円から3万円程度、友人や知人であれば3,000円から1万円程度です。香典というよりは悲しい気持ちをいたわるお見舞い金と考えた方がわかりやすいでしょう。余りに多い金額だと、かえって相手に気を遣わせてしまうこともあるので注意が必要です。

香典の表書きの書き方

香典というよりはお見舞いと考えられるので、葬儀でなく病院や火葬場を訪れるのであれば「お見舞い」という表書きがふさわしいです。葬儀場で一般の葬儀を行うのであれば、「ご香典」「ご霊前」がふさわしい表書きになります。

水引は黒と白、銀の一般的な祝儀袋を使います。文房具屋さんやコンビニ、ドラッグストアなどに売っているもので問題ありません。

まとめ:愛しむ気持ちやいたわる気持ちを大事にしたい

死産は悲しいものですが、せっかく授かった命、少しの間でも生まれてくれたかわいい存在を精一杯愛しんであげたいものです。供養は人それぞれのやり方で大丈夫なので、後悔のないように愛しいわが子を見送ってあげてください。

どんな選択にしても間違いということはありません。お家の事情や家族の考え方によっての選択でよいのですが、いずれの選択にしても一番大事なのは亡くなった赤ちゃんへの愛情です。また友人、知人や家族が死産してしまった場合は、気落ちしている本人をいたわり支えてあげたいものです。

こうした人と人との絆が少しでも悲しみを癒してあげられます。あらゆる愛情を育むことが死産の意味ととらえ、時間をかけて悲しみを乗り越えていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる