MENU

焼香とは?|意味や歴史、マナーを解説

目次

焼香とは仏や死者にお香を焚き拝むこと

焼香(しょうこう)とは、お香を焚き(たき)仏や死者を拝む仏教の儀礼です。一般的には、葬儀や法要で行われる細かく刻んだお香をつまんで、香炉にくべる行為を指します。ここでは、焼香の意味や歴史、マナーについて解説していきます。

焼香の意味と歴史をチェック

焼香とは仏教の儀礼で、仏や死者への供養としてお香を焚き拝む行為です。日常的に仏壇に線香をあげることを線香焼香といいますが、「線香をあげる」という言い方が一般的です。一方、細かくしたお香をつまみ香炉に落として焚くことを、抹香(まっこう)焼香といいます。葬儀や法要で「お焼香をする」とは抹香焼香のことで、焼香と言えば抹香焼香を意味することが多いです。

焼香は英語で『incense burning』

焼香は英語で「incense burning」と訳します。文字通り「焼いたお香」という意味になり、言葉を聞いただけでは、焼香の意味や目的までは伝わりにくいと推察されます。欧米ではキリスト教のカトリックの礼拝で振り香炉(ふりこうろ)を使うことがありますが、一般には根付いていないので、葬儀で焼香をすることもありません。

例文1:母が葬式で焼香をした。

My mother burned incense at the funeral.

例文2:私に焼香のやり方を教えていただけますか。

Can you tell me how to burn incense?

焼香の意味と目的

葬儀や法要で焼香をする目的は、2つあります。1つ目は、参列者の穢れ(けがれ)を落とし、清浄な心身で仏や死者と向き合うことです。通夜や葬儀で焼香をしてから拝むのは、自身を清めるという意味があります。

2つ目は、故人の冥福を祈るためです。仏教では極楽浄土(ごくらくじょうど)はお香のかぐわしい香りで満たされているとされています。お香の香りは極楽浄土からのお迎えを表し、故人が迷わずに旅立てるようにとの願いが込められているのです。また、香りが広がることで皆に仏の教えが行き渡るという意味もあります。

焼香の風習はインドから伝わった

焼香の風習は、仏教伝来とともに日本へ伝わったといわれています。仏教発祥の地であるインドは白檀(びゃくだん)をはじめとした香木の産地で、もともとお香は存在していました。仏教にお香を用いるようになったのは、お釈迦様が人々に説法する際に集中するためだったという説があります。

お釈迦様の説法には多くの労働者が集まり、その場は汗や体臭が入り混じり、さすがのお釈迦様も臭いが気になったといいます。また、インドでは暑さで遺体が腐敗しやすいため、お香が臭い消しの目的も果たしていました。

お香の種類

お香にはさまざまな種類があり、線香や抹香のように火をつけて使うお香の他、手のひらに塗る塗香(ずこう)や粉末のお香を練り固めた練香(ねりこう)などがあります。ここでは、火をつけて使う3種類のお香の特徴を紹介します。

『線香』

香木や天然香原料を粉末にし、棒状に形を整えたお香です。保管や着火が簡単で、香りが強すぎないのが特徴です。仏前に供える際には線香を使うのが一般的です。

『焼香』

香木や天然香原料を細かく刻み調合したお香で、葬儀の抹香焼香にはこちらを用いることもあります。

『抹香』

抹香焼香の名前の由来になっているお香です。香木や天然香原料を粉末にして調合したお香で、長時間燃焼するのが特徴です。抹香焼香に用いるほか、常香盤(じょうこうばん)に導火線として抹香を敷き、点火して火種として使うこともあります。

焼香の作法

ここでは抹香焼香の作法を中心について解説していきます。作法は宗派によって違いがありますが、基本動作は共通しています。お香を額の高さに掲げる動作を「押しいただく」と言いますが、これは抹香焼香ならではの作法です。故人が成仏できるように、祈りを込める目的があります。また、浄土真宗では人は亡くなるとすぐに仏になるので、お香を押しいただくことはしません。

焼香の順番

焼香は血縁の濃い順に行うのが基本ですが、必ずしも血縁だけが優先されるわけではありません。例えば、故人と同居している家族の方が別居している家族よりも優先度は高くなります。また、血縁はなくても親族の配偶者は家族単位で順番を統一するのが一般的です。焼香の順番は席順にも関係するので、基本ルールを理解しておきましょう。

『焼香の順番』

  1. 喪主
  2. 遺族(同居の家族で親等の近い順に行います)   例:配偶者・子→親・孫
  1. 親族(同居以外の家族や親族が家族単位で行います)例:別居の子と家族→兄弟姉妹と家族→叔父叔母と家族→甥姪と家族
  1. 会社関係者
  2. 友人
  3. 一般参列者

来賓が来た場合は、親族の後に焼香をしてもらいましょう。

焼香の種類

焼香には、「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」の3種類があります。それぞれの焼香の特徴と作法について解説します。

「立礼焼香」

立って行う焼香です。斎場で通夜や葬儀を行う場合、椅子が用意された会場では立礼焼香が一般的です。順番が回ってきたら、歩いて祭壇の焼香台へ進み、立ったまま焼香を行います。

「座礼焼香」

座って行う焼香です。畳敷きの会場で通夜や葬儀を行う場合の焼香方法の一つです。順番が回ってきたら、座ったまま膝を滑らせる膝行(しっこう)で焼香台まで進みます。膝行は両手の親指を立て、他の指は握り、身体の前方について移動する方法です。焼香台までが離れている時は、中腰で移動しても大丈夫です。焼香台の前に来たら、正座をして焼香を行います。自席に戻る時も立ち上がるのはマナー違反になるので気を付けましょう。

「回し焼香」

お盆に乗せた焼香台を参列者に回して行う焼香です。自宅のようにスペースが限られた会場では、回し焼香を行うことが多いです。焼香台が回ってきたら自分の前に置き焼香を済ませ、次の人にお盆を渡します。

焼香の基本の作法

斎場で通夜や葬儀を行う際は、立って焼香を行う「立礼焼香」が一般的です。ここでは立礼焼香の作法について解説します。

  1. 順番が来たら祭壇の前へ進む。
  2. 祭壇の手前で遺族と僧侶に一礼する。
  3. 祭壇の前で遺影に一礼する。
  4. 左手に数珠をかけ、右手の親指・人差し指・中指の3本でお香をつまむ。
  5. お香を香炉にくべる。
  6. 合掌し遺影に一礼する。
  7. 祭壇から下がり遺族に一礼する。
  8. 自席に戻る。

宗派ごとの焼香のマナー

仏教の宗派では、それぞれ焼香の意味や捉え方が違うため、焼香の回数や線香の本数、作法にも違いがあります。それぞれの宗派の焼香のマナーを紹介します。

宗派抹香焼香線香焼香備考
真言宗3回3本立てる
曹洞宗2回1本立てる2回目のお香は額に押しいただかない
浄土真宗本願寺派1回折って寝かせるお香は額に押しいただかない
真宗大谷派2回折って寝かせるお香は額に押しいただかない
浄土宗1~3回1~3本立てる
天台宗1回または3回1本または3本立てる右手に左手を添えてお香を額に押しいただく
日蓮宗1回1本立てる葬儀を取り仕切る導師(僧侶)は3回、一般参列者は1回の抹香焼香を行う

焼香するときの注意点

焼香の作法については、故人の宗派と自分の宗派のどちらに従っても良いとされています。特に信仰が無ければ、故人の宗派に従いましょう。故人への敬意を表すことにもつながり、ご遺族の慰めになるでしょう。また、線香焼香では火を口で吹き消すことはタブーです。火がついたら手で仰いで消してください。

まとめ:焼香は社会人としてのマナー

社会人になると、通夜や葬儀に参列する機会が増えるので、焼香のマナーも社会人の常識として身につけておきましょう。マナーを習得すれば余計な緊張をせずに済み、その分、故人を深く偲ぶことにもつながります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる