MENU

回向料とお布施は何が違う?回向料の相場と渡し方についても解説

目次

回向料とお布施は似ている

回向料(えこうりょう)とは、葬儀や法要などで僧侶に読経をお願いした時にお渡しするお礼のお金です。

葬儀や法要ではお布施をお渡しするのが一般的なので、回向料と聞いてもピンと来ない人が多いと思いますが、どちらをお渡ししても問題ありません。

とはいえ、回向料がお布施を全く同じ意味かと言えば、そうではありません。

この記事では、回向料とお布施の違い、回向料の相場や渡し方について解説していきます。

回向料とお布施の違い

そもそも回向とは「転回する」「変化する」などの意味があり、仏教では僧侶が積んだ徳を他の者にも回し差し向けるという意味で使われる言葉です。故人の成仏を願って供養することを「回向する」とも言います。

葬儀で回向料をお渡しするのは、読経によって僧侶が積んだ功徳を故人に差し向けていただいたことへのお礼なのです。

一方、お布施は英語で「Offering」と表現するように「施す」ことに由来します。

仏教の六波羅蜜(ろくはらみつ)の修行の1つである「施し」を形にしたもので、自らの修行の一環という意味が含まれています。

一般的にはお布施をお渡ししますが、どちらをお渡ししても失礼ではありません。

回向料の金額相場

建て前では、回向料の金額に決まりはありません。実際、全日本仏教会も「布施に定価はない」という見解を出しています。

しかし、現実的には回向料に相場があるのは事実です。

金額の相場は法要の種類によって幅があるので、法要の内容を考慮したうえで金額を検討すると良いでしょう。

葬儀の回向料の金額

葬儀に僧侶をお願いする場合、通夜から葬儀・告別式までの読経をお願いするのが一般的です。

その場合の回向料は15万~30万円が相場となっています。ただし、招く僧侶の人数によって金額が変わるので、迷った時は葬儀会社に相談すると良いでしょう。

また、戒名をお願いする場合は戒名料が別途必要です。戒名にはランクがあり、金額は10万~100万円とかなりの幅があります。

戒名料と回向料を一緒に包むかどうかは、金額によってケースバイケースと言えるでしょう。あまり金額が大きく葬儀でお渡しするのが難しい場合は、後日、お寺を訪問してお渡しする場合もあります。

法要の回向料の金額

葬儀以外にも、四十九日や納骨、一周忌などの法要でお寺にお世話になる場合に、回向料ををお渡しすることがあります。

法要の種類によって回向料も変わりますが、葬儀から日が経てば経つほど、金額は下がるのが一般的です。

参考までに、法要ごと回向料の金額相場をご紹介します。

法要別回向料の金額相場一覧

法要お布施の相場備考
四十九日3~5万円あわせて行う場合は5~10万円
納骨3~5万円
初盆(新盆)3~5万円初盆以降のお盆は5千~2万円
一周忌3~5万円
三回忌1~5万円
七回忌1~5万円

回向料の包み方・渡し方

回向料の包み方や渡し方には作法があります。

現金のまま手渡したり、振り込みにしたりするのはNG。マナー違反になるので注意しましょう。

回向料を渡す際には、袱紗(ふくさ)や奉書紙(ほうしょがみ)などが必要です。

これらは普段から常備しておくと、いざという時に慌てずに済みます。

回向料の正式な包み方

回向料は奉書紙に包むのが正式な方法です。

奉書紙とは和紙の一種で、かつては古文書などに用いられた格式の高い紙です。表はサラサラと滑らかで、裏は少しザラついているのが特徴です。

奉書紙は文具店や書道用具店、インターネットなどで購入できるので、事前に準備しておくと良いでしょう。

奉書紙が手に入らなければ、白い封筒を使用してもかまいません。表面に郵便番号や住所などの記入欄のない真っ白な封筒で、一重のタイプを選びましょう。二重タイプは不幸が重なるとされるため、弔辞では使用しないのがマナーです。

回向料と印字された封筒は一般的ではないので、「お布施」と印字された封筒を使用してもOKです。

回向料の表書き・裏書きのマナー

葬儀などの弔辞というと、つい薄墨を使うと思いがちですが、回向料の表書きは濃墨(こずみ)を使用します。

悲しみをあらわすために薄墨を使う香典に対して、回向料はお寺や僧侶への感謝をあらわすもの。薄墨はかえって失礼になるので注意しましょう。

表書きは、上段に「回向料」と縦書きにし、下段に個人名または「〇〇家」と書きます。

裏書きには、包んだ金額を縦書きにします。

金額の頭には”金”を付け、最後には単位をあらわす”圓也(えんなり)”を、さらに金額は旧字体の漢数字を使うのがマナーです。

例えば5万円を包んだ場合は、「金伍萬圓也」となります。

回向料の渡し方

回向料を渡すタイミングは、僧侶の状況で判断することをおすすめします。

法要が始まる前の挨拶時にお渡しするのが一般的ですが、準備で忙しい場合もあるので、読経が終わった後でもかまいません。

回向料はあらかじめ袱紗に包み、表書きが僧侶の正面になるように向きを整えて小さなお盆に乗せておきます。

僧侶の前にお盆を置き、袱紗を広げてから、封筒を取り出しお渡しましょう。

また、お車代や御膳料をあわせて渡す場合は、回向料が一番上になるように封筒をかさねます。

僧侶にお金を直接手渡しするのは失礼になるので、くれぐれも気を付けましょう。

まとめ

回向料はお布施と似ていますが、厳密には意味が異なるので、知識として覚えておくと良いでしょう。

金額や渡し方はお布施と変わりらないので、葬儀でどちらをお渡ししても問題はありません。

目次
閉じる