MENU

数珠袋とは?数珠袋が必要な理由とマナーについてくわしく解説

目次

数珠袋とは数珠の紛失・傷や汚れがつくのを防ぐもの

数珠袋とは、読んで字のごとく数珠を入れるための袋です。

数珠の紛失・汚れや傷から守るために利用するもので、数珠を丁寧に持ち運ぶために使用します。

数珠袋とは

数珠袋は数珠などの仏具を置く座具になるものです。

仏式の葬儀や法事では数珠の持参が求められるため、数珠の大きさに合わせて選び、忘れずに持っていくものの一つになります。

数珠袋が必要な理由

数珠袋が必要な理由は2つあります。

1つは数珠の紛失や汚れを防ぐためです。

葬儀や法事などで外出する際に、数珠を裸でカバンやポケットに入れると思わぬ傷が付いたり、落としてしまったりということが考えられます。

大切な仏具でもある数珠を守るために、数珠と一緒に購入するべきものです。

もう1つは、上品な所作・数珠を丁寧に扱う人というイメージを与えるためです。

数珠はある一定の年齢になったら持つべきものだとされています。

長い期間持つことを考えると丁寧に扱う必要があるため、数珠袋が必要だとされています。

数珠袋はどこで購入できる?

数珠袋は仏具屋で購入することができます。

近年では仏具屋だけではなくECサイトや衣料品量販店、100均でも購入が可能です。

予算や好みに合わせて、さまざまな種類が販売されていますので、選択肢が非常に多くなっています。

葬儀の際に『数珠を忘れてしまった!』という場合でも、道中で買うことも可能です。

数珠・数珠袋に関するマナー

数珠や数珠袋にはマナーがあります。

普段あまり扱わないもののため、マナーを理解できていないという方も多いのではないでしょうか?

数珠・数珠袋に関する覚えておきたいマナーをご紹介します。

数珠の貸し借りは厳禁

数珠の貸し借りは厳禁…マナー違反とされています。

数珠は念珠ともいわれ、分身・厄除け・お守りといった意味を持つものです。

家族間での貸し借りもマナーに反しますので、一定の年齢になったら数珠は個々で持つようにしなければいけません。

数珠袋は宗派に関する縛りはない

仏式の葬儀や法事では、数珠の持参が求められます。

数珠袋は宗派に関する縛りはありません

ただし男性用・女性用など数珠の大きさによって違いがありますので、持っている数珠に合った数珠袋を選ぶことがポイントです。

数珠以外のものでの代用はタブー

数珠を忘れてしまった・持っていないなどの理由で、数珠以外のものを代用することはタブーです。

女性用のブレスレットやパワーストーンのブレスレットなどは確かに形状は似ていますが、仏具としての数珠とは使用する目的が大きく異なります。

仏式の葬儀や法事では、数珠の持参が求められることがほとんどですので、忘れないように注意しなければいけません。

男性用・女性用の混同はNG

数珠には明確に男性用と女性用が区別されています。

そのため男性用と女性用の混同もNGです。

数珠は貸し借りもタブーとされているため、必ず個々の数珠を持つようにしましょう。

数珠袋の選び方

数珠袋には多くの種類があるため、どんな数珠袋を選んで良いのかわからないという方も少なくありません。

数珠袋を選ぶときのポイントを3つご紹介します。

①形状で選ぶ

数珠袋には大きく分けて2つの形状があります。

  • 巾着型
  • 封筒型

封筒型はマチが薄くかさばらないため、小さめの数珠をいれるのに適しています。

巾着型は収納性に優れており、数珠だけではなく経本などを一緒に持ち運ぶこともできます。

宗派に合わせた本式数珠や男性用の数珠などを入れるのであれば、巾着型がおすすめです。

②数珠のサイズで選ぶ

数珠にはサイズがあります。

  • 大きめのもの:男性用・本式数珠(球の数が多い)
  • 小さめのもの:女性用・子ども用

数珠のサイズに合わせて数珠袋を選ぶのが良いでしょう。

家族だからといって1つの数珠袋に全員分を入れるのは避けてください。

③柄で選ぶ

数珠袋にはさまざまな色や柄があります。

数珠袋は宗派に関する縛りはないので、好きな柄を選んでOKです。

ただし中には『宗派紋』と呼ばれる宗派独自の紋が入ったものがあるので注意しましょう。

仏教には13宗56派あるといわれ、信仰されている宗派の紋と家紋があります。

自分に全く関係のないものを選んでしまわないように、わからないときは確認することがおすすめです。

数珠・数珠袋に関するQ&A

仏式の葬儀や法事で必要な数珠や数珠袋ですが、あまり頻繁に使うものではないのでわからないことも多いでしょう。

数珠や数珠袋に関するよくある質問をピックアップしてご紹介します。

宗派によって数珠が不要なことはある?

数珠は基本的に仏式の葬儀や法事で必要とされるものです。

仏式の弔事の際には数珠が必要ですが、キリスト教・神道・無宗教の場合は数珠は必要ありません

子どもにも数珠は必要?

あまり年齢の小さい子は数珠を壊してしまう可能性がありますが、小学生くらいになったら数珠を持たせるようにしましょう。

数珠は本人の分身・お守りとされているものなので、家族でも貸し借りはできません

高価な数珠でなくても構わないので、準備しておくことをおすすめします。

亡くなった人の数珠や数珠袋はどうする?

亡くなった人の数珠や数珠袋は、棺に入れて荼毘に付します

数珠はあの世でも必要だと言われているからです。

中には形見分けとして譲り受ける方もいますが、できる限り棺に入れて一緒に供養することをおすすめします。

数珠袋は人にプレゼントしても良い?

成人祝い・結婚祝い・就職祝いなど、人生の節目に数珠や数珠袋をプレゼントすることはとても良いことだとされています。

数珠を贈る行為は『その人に法緑を与え功徳を施すことになる』といわれており、昔は嫁入道具として持たせたことや、仏式の結婚式では指輪の代わりに数珠を交換するという習わしもあります。

まとめ:数珠袋とは弔事のマナーを大切にする証のこと

数珠袋とは、数珠を守るだけではなく、弔事のマナーを大切にしているという証になります。

数珠は本人の分身・お守りで、厄除けの意味合いを持つ仏具です。

たとえ家族でも貸し借りはできません。

数珠はあまり頻繁に使うものではないからこそ、数珠袋に入れて大切に保管することが大切です。

数珠袋は宗派による縛りはありませんので、数珠に合った色合いや形状で好きなタイプを選んでください。

数珠や袱紗とセットになった数珠袋もおすすめです。

目次
閉じる