MENU

霊供膳(りょうぐぜん)とは?供えるタイミングや宗派ごとの並べ方について解説

目次

霊供膳(りょうぐぜん)とは仏壇に供える御膳のこと

霊供膳は「りょうぐぜん・れいぐぜん」と読み、お仏壇にお供えする御膳のことを意味します。

「御霊供膳(おりょうぐぜん)」や「供養膳(くようぜん)」「仏膳椀(ぶつぜんわん)」などと呼ばれることもあります。

霊供膳を供える理由は、故人やご先祖さまへのおもてなしのため。5つの椀に白飯や料理を盛り、お茶や箸と共に仏壇に供えます。

お供えするタイミングはいつ?

霊供膳をお供えするタイミングは、四十九日、お盆、お彼岸、祥月命日(故人が亡くなった月日と同じ月日のこと)などの法事・法要の際などです。

このほか、お仏壇を新調した時に営まれる「開眼供養(かいげんくよう)」の際にも供えます。

下げるタイミングはいつ?

故人やご先祖さまへ食事とはいえ、ずっと供えておくと食べ物が傷み、腐敗してしまいます。そのため、霊供膳は食べ物が悪くならないうちに下げることが基本です。

他にも「食事が冷めた時を故人が召し上がり終えたタイミング」と捉え、食事が冷めたタイミングで下げる場合もあります。

下げる際には「お下げします」と一声添え、下げた食事は家族でいただきましょう。

食事が傷んでしまった場合は、塩でお清めしたあと、手を合わせてから廃棄するのがマナーです。

霊供膳に相応しい料理は「精進料理」

霊供膳に盛り付ける料理は白飯と一汁三菜が基本です。

椀ごとに盛り付ける料理の内容が決まっています。

各椀に盛り付ける内容

①親椀(おやわん)

親椀には、白飯を盛り付けます。

ご飯はどんな盛り方にする?

盛り方は、自分たちが食べているような盛り付けで問題ありません。また、宗派によってはこんもり小高く盛り付けることもあります。どのような盛り付け方が良いのか分からない場合は、菩提寺や親族の年長者などに相談してみましょう。

ご飯は白飯でないとダメ?

ご飯は白飯が基本ですが、開眼供養(かいげんくよう)のようなおめでたい時は、赤飯でも良いとされています。

お箸は立てる?

仏壇にお供えするご飯にお箸を立てるというイメージもありますが、火葬する前に安置している枕元に添える場合のみ(=枕飯)です。

霊供膳の場合は、お箸を立てることはNG。ご飯の手前におきましょう。

②汁椀(しるわん)

汁椀には、お味噌汁やお吸い物を盛り付けます。

③平椀(ひらわん)

平腕には、野菜を中心とした煮物を盛り付けます。

メニュー例

・がんもどきの煮物

・むすび昆布の煮物

・高野豆腐の煮物

④壺椀(つぼわん)

壺腕には、和え物やおひたし、酢の物など盛り付けます。

メニュー例

・ほうれん草の胡麻和え

・小松菜のおひたし

・きゅうりの酢の物

⑤高坏(たかつき)

高杯には、香の物(漬物)を盛り付けます。3切れではなく2切れ盛り付けるようにしましょう。(3切れだと身切れとも捉えられ、縁起が悪いため)

また、地域色の強い漬物、例えば奈良漬や京都の千枚漬けなどを盛り付ける場合もあります。

メニュー例

・たくあん

・梅干し

・にんじんのぬか漬け

宗派による霊供膳の決まり

霊供膳は、地域や宗派などにより習慣が異なり、お膳を2つ用意してお供えすることもあります。

用意する数が分からない場合は、菩提寺や親族の年長者、近所の方などに確認しておくとよいでしょう。

宗派により決まりが異なるもの

用意するお膳の数だけでなく、宗派によって平椀、壺椀、高杯の並べ方にも違いがあります。

宗派による霊供膳の決まり一例

宗派霊供膳の決まり
天台宗、日蓮宗、真言宗・膳の左上に平椀、右上に壺椀、中央に高杯を配置する。※日蓮宗では朱色の仏膳を用いる。
臨済宗、曹洞宗、禅宗・膳の左上に平椀、右上に高坏、中央に壺椀を配置する。
浄土宗・膳の左上に壺椀、右上に平腕、中央に高杯を配置する。

なお、浄土真宗では、故人は仏の力ですぐに浄土で仏になると考えられているため、霊供膳は用いません。

宗派が違っても統一されていることも

地域や宗派により習慣が異なるとはいえ、統一されていることもあります。

それは

・ご先祖様と仏様の両方を供養する場合には、箸を二膳置く。

・仏飯器(椀)の蓋は取った状態で供える。

など。

平椀、壺椀、高杯の並べ方は宗派によって異なりますが、親椀と汁椀の配置はどの宗派でも同じです。

親椀は左下、汁椀は右下に並べます。

まとめ:霊供膳とは法事やお盆などで仏壇に供える御膳のこと

霊供膳とは「りょうぐぜん・れいぐぜん」と読み、故人やご先祖さまにお供えする御膳のことです。

四十九日、お盆、お彼岸、祥月命日などの法事・法要の際などにお供えすることが基本であり、それぞれの椀には、一汁三菜の精進料理を盛り付けます。

盛り付け方や各椀の配置は、宗派や地域の習慣により異なる点もあることに注意し、故人やご先祖さまへの思いを込め、手作りの料理をお供えすると良いでしょう。

目次
閉じる