MENU

    イオンのお葬式とは?プラン・料金・口コミの評判をもとに特徴を解説!

    目次

    注目の集まる「イオンのお葬式」とは?

    イオンのお葬式は、イオンライフ株式会社が展開している葬儀の仲介事業のことです。

    イオンライフ株式会社は、イオン(日本国内外300社以上の企業で構成される大手流通企業)のグループ企業。国内大手のグループ会社とあって、安心して利用できると注目が集まる葬儀サービスとして注目されています。

    イオンのお葬式の特徴3つ

    イオンのお葬式は、自社で葬儀場を保有しているというものではありません。2009年に事業をスタートして以来、イオン独自の葬儀サービスの品質基準を定め、それに沿ったプランを打ち出し費用ととも提携先の葬儀事業者を紹介するというものです。

    中でも特徴的な内容を3つご紹介します。

    ①イオン独自の価格と品質を実現

    イオンのお葬式はコストを洗い直し、安心価格での案内を実現しています。それでいて品質の良さをキープして案内していることが特徴だといえるでしょう。

    さらに、お客様の意見にも耳を傾け、140項目ものサービス品質基準を独自に設定。この主旨に賛同する葬儀社がイオンの葬式の研修を受講することで、全国どこでも同じ品質基準のサービスを受けることが叶っています。

    ②提携する葬儀場は全国に4000カ所以上!

    イオンのお葬式は、全国に4000カ所以上もの葬儀場と提携していることに強みがあります。

    前述の品質基準をクリアした特約店葬儀社(約600社)に、家族対応から葬儀施行までを委託しています。そのため、初めて喪主を務める方でも安心して利用できるサービスだといえるでしょう。

    ③葬儀後のサポート体制も万全

    イオンの葬式では、葬儀までの準備や当日のサポートはもちろん、葬儀後のお悩みにも寄り添うサポートを用意しています。代表的な内容は

    • 相続税に関するサポート
    • 位牌や過去帳の注文
    • 形見の整理や生前整理

    など。

    この他、菩提寺がない方や、寺院とのお付き合いに慣れていない方には、寺院を紹介するサービスも用意しています。

    イオンのお葬式で利用できるプランは6つ!

    イオンのお葬式では、企業理念にも掲げている「お客さま第一」を徹底し、様々な葬儀形式の要望に応えられるよう、6つのプランを用意しています。

    ライフスタイルに合ったプランを選べる事も、時代にあったサービスだといえますね。

    プランと料金・内容まとめ

    プランの内容や費用は以下の通り。また、火葬式・一日葬・家族葬・一般葬は無宗教式にも対応しています。

    プラン名葬儀費用(税込)内容
    シンプル火葬プラン99,000円〜通夜・告別式を行わず、シンプルに火葬のみを執り行いたいと希望する方向けのプランです。
    なお、東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の火葬場を利用できる方に限り利用できます。
    直葬プラン(無宗教火葬)147,400円〜イオンのお葬式独自の葬儀プランです。
    ・宗教儀式などはせず簡素に行いたい・必要最低限のもので良い
    という方向けに負担を抑えたものとなっています。
    火葬式203,500円〜通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行うプランで、家族だけでの見送りを考えている方に適しています。
    一日葬357,500円〜お通夜を行わず、告別式と火葬を一日で終える一日で葬儀を実施するプランです。
    お花をボリュームアップしたセレクトプランもあり、予算に合わせた内容を検討できます。
    家族葬506,000円〜一般葬のように通夜・告別式を執り行いますが、家族を中心に故人と親しい方だけでお見送りをしたいという方に適したプランです。
    お花のボリュームアップした、セレクトプランもあります。
    一般葬720,500円〜30名以上と多くの参列者をお招きする一般葬に適したプランです遺品の数々を式場に飾る、メモリアルコーナーを設けられます。

    条件に該当すれば割引も受けられる

    ライフスタイルに合わせ、安心価格のプランを用意しているイオンのお葬式ですが、条件をクリアすればさらなる割引を受けることが可能です。

    資料請求で葬儀費用が5,500円引き

    イオンのお葬式の資料を請求すれば、葬儀費用から5,500円(税込)が割り引かれます。

    ※シンプル火葬プランは対象外

    ただし、対象者は依頼前に資料を請求した方のみ。興味がある場合は一度資料を取り寄せてみると良いですね。

    イオンのお葬式利用で5,000WAON POINTを進呈

    イオンのお葬式を利用すると5,000WAONPOINTを取得できます。

    ※シンプル火葬プラン・直葬プランは対象外

    取得したポイントは、買い物などに利用できるため実質5,000円の割引きを受けたことと同じです。

    なお、ポイントを取得するためにはWAONPOINTカードもしくは電子マネーWAONカードのいずれかが必要。持っていない場合は新に用意する必要があります。

    年会費0円のそなえ割で最大66,000円割引

    イオンのお葬式では、独自に「そなえ割」というサービスを用意しています。

    そなえ割は、生前にイオンのお葬式を利用する会員として申し込むことで、入会からプラン利用までの年月が長ければ長いほど割引率が大きくなるというもの。割引は、入会日の20日後から適用され、2年後以降は最大割引が継続します。

    資料請求割引との併用はできませんが、申込みは入会費、年会費とも不要。有効期限もないため、残された家族の負担を軽減することも叶いますね。

    良い声、不満の声の口コミをご紹介

    国内大手のイオングループだからこそ、実現できる価格やサービスが強みのイオンのお葬式ですが、実際の評判がどうなのか気になりますよね。

    良い声、不満の声の口コミをご紹介します。

    お葬式の評価点は93.3点!良い声が多数

    ■あたたかい心に残る葬儀でした

    暖かい心に残る葬儀を提案して頂き、会葬の皆さま方より良かったとの言葉をもらい、大変嬉しかったです。会館ホールの充実・清潔さにも大変満足しました。

    ■オリジナルの会葬礼状がすばらしかった

    ただうろたえるばかりの遺族を丁寧に導き、万事段取り良く進めていただきまして、ありがとうございました。

    「オリジナル会葬礼状」は文章力がすばらしく、参加者たちから絶賛されました。120点の出来栄えでした。

    イオンのお葬式お客様の声より引用 https://www.aeonlife.jp/voice/

    満足度も高いが、中には立ち居振る舞いや追加料金への不満の声も

    ■「こなしている」と感じた立ち居振る舞いが微妙だった

    価格がリーズナブルで段取りもスムーズだった。初めてでわからないことも段取りよく進めてくれた。しかし、お坊さんの読経や立ち居振る舞いが、何となくいい加減で『こなしている』ように感じられた。

    コストパフォーマンスだけで割り切ればいいかと思いますが、1回忌以降のことを考えたら微妙です。

    ■追加料金になる項目も多いので予算オーバーになる可能性も

    スタッフの対応は迅速でよかった。料金に関してはわかりやすい。追加料金になる項目が多く、結局それなりの金額になってしまう。追加料金対応の項目をしっかりと把握しておき、予算オーバーにならないように。

    「評判の良い葬儀社に依頼できる」口コミサイトより引用 https://soogi.jp/tokyo/1079545/

    イオンのお葬式はネットからの申込みが可能

    イオンのお葬式はインターネットからの申込みやフリーダイヤルを利用して申し込むことができます。

    地域や駅名・郵便番号から葬儀場の検索が可能

    イオンのお葬式の公式HPには、地域や駅名、郵便番号からイオンのお葬式と提携している葬儀場を検索することができます。

    なお、都道府県によってはイオンのお葬式と提携している葬儀場がない場合もあります。お住まいの都道府県で利用できるかどうか、一度確認してみましょう。

    イオンのお葬式公式HP https://www.aeonlife.jp

    フリーダイヤルは24時間365日いつでも対応可

    全国に対応しているフリーダイヤルなら、24時間365日いつでも予約が可能。もちろん葬儀の事前相談やそなえ割の相談も可能で、通話料金もかかりません。

    携帯電話からの発信も可能なので、気になることがあればすぐに相談できますね。

    イオンのお葬式フリーダイヤル 0120-635-014

    イオンのお葬式とは葬儀一連における業界大手のサービス

    国内大手企業のイオングループが葬儀の仲介事業として、展開しているイオンのお葬式。独自の品質基準を設け、イオンだからこそ実現できる高品質なプランで提供していると注目されています。

    提携している葬儀場は全国で4000カ所以上をほこり、ライフスタイルに添ったプランを明瞭な価格で用意していることも大きな強みとなっています。

    さらに、事前の資料請求や「そなえ割」を活用すれば、葬儀費用の割引を受けることもできます。終活の一環として、どのようなサービスが受けられるのかチェックしてみることもおすすめだといえるでしょう。

    目次
    閉じる