MENU

《店舗をリアル調査!》しまむらで喪服は購入できる?販売している商品と実際の体験談を紹介!

目次

しまむらで喪服は購入できる!?

株式会社しまむらが展開している、衣料品チェーンストアしまむら。低価格でも品質がよく、トレンドを感じさせる衣料品が購入できることが魅力のファストファションブランドです。全都道府県に店舗を展開しているため、立ち寄ったことがある方も多いのではないでしょうか。

そんなしまむらでは、喪服はもちろん、フォーマルシーンに活用できる、靴やバッグなどの小物も販売されています。在庫があればしまむら1店舗で喪服一式を揃えることもできるのです!

今回、しまむらの店舗を実際にを調査し、販売されている喪服や小物をチェックしてきました。

しまむらではレディースの喪服と小物が揃う!

冒頭で紹介したとおり、しまむらではレディースの喪服とバッグなどの小物一式が販売されています。他のショップとハシゴしなくても葬儀用のアイテムが揃えられることは嬉しいですよね。

さらに価格も安心な「しまむら価格」お財布に優しいことも、しまむらの喪服が注目されている理由だと言えるでしょう。

注意 :メンズ用の喪服は販売されていない

男性用の衣料品も取り扱っているしまむらですが、メンズの喪服は販売していない様子。

しかし、メンズ売り場には白のワイシャツや、黒のネクタイ(こちらはなんと数珠付き!)が陳列されていました。店舗によっては一部の小物は購入できそうです。

喪服はジャケット&ワンピースのセット

実際に店頭に並んでいた喪服は、ジャケット&ワンピースのセット。デザインは3種類ほどありました。中央に添えられているリボンは、ピンで固定するタイプで取り外しも可能です。

ノーカラーのジャケットだけでなく、テーラードカラーのジャケットデザインも販売されていたので、好みに応じてセレクトできそうです。

ワンピースだけの販売もアリ!

ジャケット+ワンピースのセット販売だけでなく、喪服のワンピースだけも販売されていました。手持ちのジャケットを着用するなら、ワンピースだけ購入しても良さそうです。

ロングスリーブのデザインを選べば、季節にもよりますがワンピースだけの着用もできそうですね。

h3バックや袱紗、数珠も販売あり

弔事シーンに必要なアイテムは喪服だけではありません。バックや数珠、袱紗などの小物も必需品だといえます。袱紗に関しては、紫を選んでおけば弔事はもちろん、慶事でも使用できますよ。

https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/697/

数珠は男女兼用。さらにケース付きで販売されているため汚してしまう心配も軽減できそうです。

しまむらでは、こういった小物も販売されているため喪服とコーディネートしながらの用意が可能です。

パンプスは23㎝〜25.5㎝に対応

フォーマル用のパンプスは、23㎝〜25.5㎝までのサイズが販売されています。小さいサイズから大きいサイズまで豊富に用意されているため、自分に合うサイズが探せそうですね。

パンプスは、できる限り足にフィットするものを選ぶことで靴擦れに悩まされることを回避できます。一度試着して履き心地を確かめてみましょう。

デザインはシンプルですが、クッション性もあるため疲れにくそうなことも嬉しいですね。

しまむらで喪服を購入するメリット

専門店に比べると格段に安い

今回調査した店舗で販売されていた喪服(ジャケット+ワンピースのセット商品)は税別8700円。バッグは1790円から購入でき、本水晶の数珠を購入しても890円からと、どれをとってもしまむらならではの安心価格です。

同じ物を専門店で購入する場合は、しまむら以上の価格がかかるケースが一般的。予算がない場合や、さまざまな事情から予算をかけたくないと考えているときは、しまむらでの喪服購入はメリットだといえます。

喪服一式が揃えられる

しまむらで喪服を購入するときは、喪服だけでなく葬儀の参列に必要な小物も購入できます。そのため、他のショップに立ち寄る必要もなく、一式を揃えられることが大きなメリットだといえるでしょう。

豊富なサイズから選べる

調査した店舗では、9号〜23号まで豊富なサイズの喪服を展開されていました。そのため通常サイズを探している方はもちろん、大きめサイズを必要としている方でも安心です。

また、妊娠中などで一時的に大きめのサイズが必要な場合も、サイズに幅があることは嬉しいですよね。

しまむらで喪服を購入するときの注意点

しまむらで喪服を購入する際は店舗により保有している在庫にばらつきがあることに注意しましょう。加えて希望するサイズの在庫がないことも考えられます。

また、店舗の中にはそもそも喪服を取り扱っていないケースもあるため、来店前に確認しておくと安心です。

実際にしまむらの喪服を購入・検討した体験談

喪服が実家にあるため、購入自体を迷っていたAさん(27歳)

以前、職場で働いているときに急にお葬式へ参列しなけれなならなくなりました。しかし、引っ越しの時に喪服は実家に置いたままで、手持ちがありません。でも喪服が必要…購入しなければならないことは分かっていても、手持ちがあるため気が乗りませんでした。

「ショッピングモールや専門店にでも行くか…」と思ったとき、しまむらで喪服が売られていることを知り、近所のしまむらに直行!さらに喪服の他にも小物まで売っていて、一式揃えて2万円でおつりがきたと思います。

「しまむらの喪服って安そうに見えるかな?ダメかな?」と思っていましたが、生地や色が薄いわけでもなくしっかりした喪服でしたし、着用しても何の問題もありませんでした。

すぐに購入できたことも良かったですが、安く用意できたこともとても助かりました!

年齢を考えて購入を見送ったBさん(38歳)

喪服の購入をかんがえていたとき、他のアイテムの購入でしまむらに立ち寄り、喪服も販売されていることを知りました。

商品をみると、しっかりした喪服が並んでいてびっくり!専門店よりもデザインにバリエーションがないとはいえ、数種類から選べる事も魅力的だなと思いました。価格もしまむら価格で、予算を大幅に下回ることも、しまむらの喪服を検討した理由でしたね。

しかしどのデザインをみても「若い子向けかも」と思ってしまい、購入は断念。アラフォーが迫っているため、今後もの使用も視野に入れて「50歳になっても着用できそうなデザインを探そう!」と思いました。

お値段も手頃ですし、20代の時ならきっと購入していたでしょうね。

予算を抑えつつ喪服を購入したいなら、しまむらの喪服がおすすめ!

突然の訃報に備えて喪服は用意しておきたいところ。しかし手持ちが無い方も少なくありません。手持ちがある場合でも、Aさんのように実家に置いていることや、サイズが合わないなどで着用できないこともあるでしょう。その場合も、喪服の購入を検討する必要があります。

しかし、できるなら費用を抑えて用意したいもの。それなら、しまむらの喪服がおすすめです。さらに、葬儀シーンに必要なバックや数珠などの小物・靴なども揃えられるため、しまむらだけで葬儀一式のコーディネートが完成します。

購入前は、店舗の在庫状況やサイズなどを確認し、来店することで無駄足を防げます。「しまむらの喪服じゃダメなんじゃないの?」という先入観を持たず、まずは試着してみることをおすすめします。

目次
閉じる