MENU

    マタニティ(妊婦)の喪服は?洋服で代用できる?購入先・参列時に注意したいポイントと併せて解説!

    目次

    マタニティ(妊婦)喪服は葬儀マナーを意識し洋服で代用できる

    訃報はいつも急なもの。妊娠中であっても例外ではありません。妊娠中に葬儀に参列する際に多くの方が悩むポイントが「おなかが大きくなって手持ちの喪服が着られない」ことではないでしょうか。

    このようなケースでは、喪服を新調したりレンタルする方法もありますが、手持ちの洋服を喪服として代用することでも問題ありません。その理由のひとつに、マタニティ用の喪服を着て参列すると「死を予想して準備していたのか」と考えられることがあげられます。

    どの方法で喪服を用意するにしても、「マタニティ(妊婦)であっても、葬儀に参列するならマナーに添った装い」となるよう、意識することが大切です。

    手持ちの洋服で代用する時に注意したいこと

    手持ちの洋服を喪服として代用するときでも、故人や遺族に失礼のない服装に心がけることが大切です。

    光沢のない黒を選ぶ

    喪服ではない洋服を着る場合に、必ず心がけたいことは「光沢のない黒」のものを選ぶことです。黒い洋服がない場合は紺やグレーでも問題ないとされていますが、できる限り黒を用意することが望ましいです。

    柄や装飾がなく、シンプルで華美でないもの

    洋服を喪服に代用するときは、柄や装飾のないシンプルなデザインを選ぶことも重視したいポイントです。丈の短いワンピースやスカートなどは、華美に見えるだけでなく肌の露出が大きくなってしまうため着用を避けましょう。

    おなか周りを締め付けるようなデザインは避ける

    妊娠中期以降になると、洋服の締め付けでもおなかが張ってしまうことも考えられます。ウエストが絞られているデザインなど、おなか周りを締め付けるような洋服は避けた方が無難です。

    葬儀は長丁場となるケースも多く、締め付けで疲れるようなデザインは選ばないようにしましょう。

    マタニティ喪服の代用品はどこで買う?

    手持ちの洋服に喪服として活用できそうなデザインが見当たらないなら、代用できそうな洋服を購入するとよいでしょう。

    コストを抑えつつ葬儀シーンに合った洋服を用意するには、ファストファッションブランドであるユニクロやGU、リーズナブルな価格で衣料品が購入できるしまむらのなどの活用がおすすめです。

    ユニクロ

    レーヨンシャツワンピース(長袖)

    高品質な衣料品が手頃な価格で購入できる「UNIQLO(ユニクロ)」はデイリーに活用している方も多いブランドです。

    サイズも豊富なので、ゆったりめのワンピースを選べば喪服として代用できるでしょう。

    またユニクロには、マタニティラインがあります。冷えが気になる場合は、ワンピースの下にマタニティ用のレギンスやパンツを履くこともおすすめです。​​​​​

    https://ikikata.nishinippon.co.jp/sougi/798/

    GU(ジーユー)

    シャーリングワンピース(半袖)Z+X

    ユニクロよりも安価に衣料品が購入できる「GU(ジーユー)」。GUもユニクロ同様に、喪服の販売はありませんが、ワンピースなどをマタニティ用の喪服として購入できます。

    店頭ではSサイズからXL、インターネットを活用すればXSから3Lまでのサイズを購入できます。おなかの大きさに合うサイズを選べることも嬉しいですね。しかし、GUにはユニクロのようなマタニティラインがないことに注意しましょう。

    しまむら

    しまむら レディース喪服

    レディースの喪服を販売している「しまむら」は、サイズが豊富にあることが大きなポイント。おなかのサイズに合わせて、普段着用しているサイズ以上の喪服を用意することが叶います。

    他にも、シンプルな黒いワンピースを購入し、着ていくことも可能です。

    https://ikikata.nishinippon.co.jp/sougi/794/

    西松屋

    【ELFINDOLL】 半袖リブワンピース

    子供服や、乳幼児向けの小物などの販売がメインである「西松屋」。マタニティウエアや授乳用の洋服も販売されているため、葬儀にも活用できそうなデザインが探せそうです。

    さらに西松屋はインターネット販売も行っているため、来店せずとも購入が可能です。

    《参考》西松屋公式サイト: https://www.24028.jp/

    マタニティ(妊婦)用の喪服はレンタルでも用意できる

    マタニティ(妊婦)用の喪服は、レンタルできる商品も抱負です。レンタルであれば、喪服を新たに購入するよりも価格を抑えることが可能。クリーニングに出す必要もなく、保管場所をとらないこともレンタルの魅力でしょう。

    さらに、インターネットを利用してレンタルできる店舗も増えてきているため、移動せずに用意できることは大きなメリットだと言えます。

    《参考》楽天:マタニティ喪服のレンタルページ https://item.rakuten.co.jp/reifuku/558j-one-02/?s-id=pc_shop_recommend&rtg=9dcde9d53c151e192659206f4b5ac99a

    着用日に注意し、余裕をもった注文を

    レンタルでマタニティ(妊婦)用の喪服を用意する場合は到着日が大きなポイントです。天候などにより遅延する可能性も捨てきれないため、余裕をもった注文を意識しましょう。

    妊娠中の葬儀参列で注意したいポイント

    妊娠中に葬儀に参列するなら、喪服の着用の他にも注意したいポイントがあります。

    何よりも体調を優先して

    妊娠初期はつわりがなどで体調が優れないことも多く、安定期と呼ばれる時期であっても線香の臭いで気分が悪くなることもあるでしょう。また。臨月間近であれば、いつ陣痛がくるのかと気になってしまいます。

    このように、妊娠中は時期に関係なく、気分や体調に浮き沈みがある期間だといえます。

    無事に出産するまでは、無理は禁物。何よりも体調が最優先!負担をかけないよう意識することが大切です。

    迷信を気にする親族がいる場合は、無理に参列しない選択肢も

    地域の風習によっては

    • 妊婦さんが葬儀に参列したら、子どもがあの世に連れて行かれる
    • 生まれる子どもにあざができる

    などの言い伝えがあり「妊婦は葬儀に参列しない」ことがスタンダードだというケースがあります。

    あくまでも迷信であり非科学的なため、参列してはいけないという理由にはなりません。ただこのような風習が根付いている地域では、周囲の参列者の視線が気になることもあるでしょう。その場合は、母子を心配してくれている配慮だと受け止め、参列を控える選択肢も考えられます。

    故人との間柄にもよりますが、無理をして参列する必要もないでしょう。参列したい場合は、親族などに「妊娠中でも参列して良いか」確認すると良いでしょう。

    災いを回避する風習もある

    妊婦の葬儀参列にまつわる迷信には「参列した妊婦を災いから守る風習」も存在します。

    • 赤い布をおなかに巻くと良い
    • おなかに鏡を入れて参列する
    • 刃物をもって参列する

    などが代表的なものですが、地域によって異なります。

    寒さ対策を忘れずに

    妊娠中の冷えは大敵。冬場であれば、膝掛けを用意したり、カーディガンなど羽織るものを用意しておくと良いでしょう。足元もタイツをはくなどの工夫を取り入れましょう。夏場であっても冷房で思った以上に冷えることもあります。寒さ対策として羽織ものを準備しておくと安心です。

    靴も安定感があるものを重視してOK

    喪服を着るときは、ファッション性の強すぎない黒のフォーマルパンプスを履くことがマナーです。しかし、妊婦であれば転倒を予防するために、ヒールのないバレエシューズなどを履くことも問題ありません。

    もちろん、ヒールのあるパンプスを履くこともOKですが、安定感があり長時間履いたとしても、疲れないような靴を用意しましょう。

    妊娠中は喪服にこだわらず、マナーを守った装いを意識すればOK

    妊娠中であっても、手持ちの喪服が着られるようであれば着用することで問題ありません。しかし、お腹周りが苦しい、着用するだけで疲れてしまうと感じるなら、手持ちの私服で代用し参列すると良いでしょう。

    手持ちの洋服にめぼしい物がない場合は、ユニクロやGU、しまむら、西松屋などで購入することも視野に入れましょう。

    このほか、マタニティ用の喪服はレンタル商品としても取り扱われています。着用日までに余裕があるなら、レンタルを活用してみる方法もオススメです。

    目次
    閉じる