MENU

    パンツスーツは喪服としてマナー違反?購入先や着用時の注意点も解説します

    目次

    パンツスーツで葬儀に参列しても問題ない?

    女性の喪服といえば、スカートやワンピースなどのアンサンブルが一般的。しかし、通夜に駆けつけたいがパンツスーツしか手元にないことや、動きやすさを重視してパンツスーツを選びたいというケースもあるでしょう。これらの場合「パンツスーツはマナーに違反しないのか」と悩む方も少なくありません。

    この悩みに対する回答は「スカートタイプの喪服が基本ですが、立場や状況によっては女性もパンツスーツを着用しても良い」です。

    とはいえ、パンツスーツはあくまでも略喪服。女性にとっての正喪服、準喪服はスカートタイプであることを念頭に置き、パンツスーツを着用するときはマナーを意識した装いに心がけることが大切です。

    https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/192/

    パンツスーツを着用しても問題ないとき

    葬儀に女性が「パンツスーツを着てはならない」という絶対的なルールがあるわけではなく、立場や状況に応じてパンツスーツを着用しても問題ありません。

    特に着用しても問題ないと考えられるシーンは以下の通りです。

    通夜に駆けつける

    突然の訃報であれば、喪服をすぐ揃えることも難しいでしょう。この場合通夜に駆けつけるのであれば、手持ちのパンツスーツでも問題ないとされています。

    「平服でお越し下さい」と案内があるとき

    葬儀の案内状等に「平服でお越し下さい」と書かれている場合は、準喪服ではなく、略喪服にあたるパンツスーツで参列しても問題ありません。

    足が悪い、高齢である

    足の悪い人や高齢の方であれば、足腰を冷やさないためにも、葬儀や告別式であってもパンツスーツを着用することは問題ありません。また、車椅子で参列するときは、乗り降りのスムーズさを考慮してパンツスーツのほうが良い場合もあります。

    パンツスーツの着用を避けたほうが良いとき

    パンツスーツはあくまでも略喪服にあたるため、立場によっては避けた方が良いシーンがあります。

    中でも代表的なものが「喪主など、葬儀の主催者側である遺族側の着用」です。葬儀では、主催者側は生喪服や準喪服を着用するというのマナーがあります。このマナーに違反しないよう、遺族側として参列する場合はたとえ通夜であっても格式を意識し、準喪服以上のものを用意しましょう。

    一般参列者であっても、準喪服の着用がマナーであるため、体調等に問題がないのであればパンツスーツの着用は控えたほうが良いでしょう。

    家族葬の場合は、親族に確認することがベター

    家族葬や直葬など、親族だけで故人を送る葬儀スタイルも普及してきました。この場合は参列者は遺族のみということが多く「略喪服でもいいのでは?」と思いがちですが、パンツスーツでは非常識と思う方も居るでしょう。

    たとえ家族葬であってもパンツスーツを着用したいのであれば、親族に確認してみることをお勧します。

    喪服として着用するパンツスーツの購入先は?

    略喪服として着用できるパンツスーツは紳士服専門店や衣料品の取り扱いがあるイオンなどの大型ショッピングセンター、低価格が魅力のしまむらなどで購入できます。

    着用日までに余裕がある場合は、インターネット通販やレンタルを利用して用意することも可能です。

    紳士服専門店

    青山やアオキなどの紳士服専門店では、レディースのパンツスーツも取り扱っています。数やサイズも豊富に用意しているため、気に入る一着が見つかることでしょう。さらに専門店のスーツは品質もよく、略喪服として着用する場合でも安心です。

    しかし、1着の料金はイオンやしまむらと比較すると高めです。繰り返し着用することを見据えた購入であればお勧めできますが「とりあえず購入しよう」と考えている場合は、割高になってしまう可能性もあります。

    イオンなどの大型ショッピングセンター

    大型のイオンモールは全国各地にあり、営業時間が長めのケースも多く利用しやすいことが魅力です。

    さらに、イオンの衣料品コーナーだけでなく専門店として入っているテナントのパンツスーツを見比べることもできるため、値段はもちろんデザインの比較も可能。より自分のあったものを探せるでしょう。

    裾直しも当日仕上げを依頼できる場合もあるため、必要なときにすぐ着用できますね。

    低価格が魅力のしまむら

    低価格でさまざまな衣料品を購入できる「しまむら」。突然の出費のため、お財布にやさしい料金で用意できることが嬉しいですね。

    また、しまむらでは「大きめサイズ」に対応している準喪服の販売もあります。パンツスーツと合わせてチェックしてみることも良いでしょう。

    https://ikikata.nishinippon.co.jp/sougi/794/

    インターネット通販やレンタルは着用日に間に合うかがカギ

    インターネット通販を利用すれば、上質なパンツスーツが低価格で購入できるケースもあります。また、使用後の保管が気になる、着用頻度が少ないという場合はレンタルを利用することも、ひとつの方法でしょう。

    しかし、発送までに時間がかかる場合や、天候等の状況で到着が大幅に遅れる可能性があることにも注意しなければなりません。通販やレンタルを利用するときは、着用日までにゆとりをもって準備することが大切です。

    パンツスーツを喪服で着用するときに意識したいポイント

    パンツスーツを葬儀で着用するときのマナーは、通常の喪服と同じです。パンツスーツだからといって特別に気にすべきルールはありません。

    ワンピースなどのスカートタイプと同じく

    • 上下黒のスーツ
    • 喪服に合わせる黒いバッグ
    • アクセサリーは真珠と結婚指輪のみ
    • ヒール低めのブラックパンプス

    を意識しましょう。

    https://ikikata.nishinippon.co.jp/sougi/787/
    https://ikikata.nishinippon.co.jp/sougi/772/

    靴下は黒のストッキングを履く

    パンツスーツのため、足元が見えにくいからといって厚手の靴下を履くことは基本的にはマナー違反です。スカートタイプと同じで黒のストッキングを着用しましょう。

    しかし、寒い時期の葬儀や妊娠中に参列するような場合は、冷えは天敵です。体調を優先し、寒さを回避するためにもタイツなどを履くなど工夫するとよいでしょう。

    シャツでなく黒ブラウスがベター

    略喪服の場合は、ジャケットの下のシャツが白でも黒でも良いとされています。しかし、周囲の女性達の装いとバランスをとるためにも、黒のブラウスを着用することがベターです。

    手持ちがない場合は、イオンやしまむらなどのでの購入を検討しましょう。

    購入時は袖丈にも着目し、ジャケットを脱ぐことを想定して五分袖から七分袖程度のものを用意しておくとマナー違反にならず安心です。

    また、華美でないレースやフリルであれば、デザイン性が少しあるとしてもマナー違反にはなりません。

    ベルトを用意しておくほうが無難

    パンツスーツを着用するときは、ベルトを着けることが望ましいです。

    用意するベルトは、男性の喪服マナーと同様で「ツヤのないシンプルな本革・合皮のもの」を意識すると良いでしょう。

    《参考》男性のベルト記事

    パンツスーツはあくまでも略喪服。着用する場合は立場やタイミングを意識して

    葬儀シーンにおける女性の正装は、スカートやワンピースなどのアンサンブルです。パンツスーツはいくら上質なデザインであっても略喪服となるため、葬儀を主催する遺族側が着用することはマナー違反です。

    しかし、高齢の方や足が悪い方、車椅子で参列するなどの場合は、体調面などを考慮しパンススーツでも問題ないとされています。この他、通夜や「平服でお越し下さい」と案内状に記されている場合は、一般参列者であればパンツスーツの着用はOKです。

    とはいえ、お悔やみの席はお祝いの席よりも気遣いが必要です。できる限りスカートタイプで参列を意識しましょう。

    目次
    閉じる