MENU

レディース喪服のおすすめブランド&通販サイト7選!オシャレなデザインの人気喪服を紹介

目次

喪服の購入先は?人気ブランドや通販サイトを調査!

法事やお盆などの行事はもちろん、急な訃報に慌てないためにもレディース用の喪服は持ち合わせておきたいところ。

しかし、いざ購入するとなるとどこで買うのか、どんなデザインが人気なのか気になりますよね。

今回は、レディース用の喪服を販売している人気のアパレルメーカーやブランド、通販サイトを調査!オススメのデザインと共にご紹介していきます。

百貨店やショッピングモールで購入できる人気ブランド4つ

1)東京ソワール

喪服はもちろん、冠婚葬祭用のフォーマルスーツ、子どものお受験用に着用するママスーツまで、数多くのレディースフォーマルウエアを取り扱っている「東京ソワール」。

百貨店やデパートだけでなく、イオンなどのショッピングモールなどにも入店しているアパレルメーカーです。

東京ソワールは国内初の「洋服の喪服(ブラックフォーマル)を手がけたブランド」としても知られています。

デザインはもちろん、喪服に使用する生地や素材、縫製にいたる細部にまでこだわった喪服を販売。ラインナップも豊富なため、気に入るデザインに出会えることでしょう。

東京ソワールのオススメデザイン

くるみボタンがポイントのアンサンブル

ブラックフォーマル(喪服)・お受験スーツの東京ソワール TOKYO SOIR 公式通販

小さめのショールカラーのジャケットと、着脱しやすいフロントオープンのワンピースがセットになったアンサンブル。ジャケットの衿に添えられた「くるみボタン」がポイントです。

一般的なフォーマル生地よりも軽量な素材を使用しているため、着心地も軽やか。きちんとした印象の中にも、どこか優しい雰囲気を感じさせてくれることが人気の理由でしょう。

スカート丈もひざが隠れる丈のため安心です。

《参考》東京ソワール公式HP

2)MICHEL KLEIN Noire(ミッシェル クラン ノアール)

フランス初のデザイナーズブランド「MICHEL KLEIN(ミッシェル クラン)」。パリにアトリエのあるミッシェル クランは、1981年のデビュー後から変わらず全世界にトレンドを発信してます。

ミッシェル クラン ノアールは、フォーマルウエアの専門ライン!可愛らしさだけでなく、スッキリした印象も合わせ持ち、トレンドもしっかり意識できるフォーマルウエアが手に入ります。

ミッシェル クラン ノアールのオススメデザイン

【オールシーズン・喪服・礼服・フォーマル用】サテン切替えノーカラーアンサンブル・セットアップ

LAPNE ONLINE STORE MICHEL KLEIN Noire

シンプルなノーカラーのアンサンブルが、根強い人気のレディース用喪服です。こちらは、見た目の印象をよりスッキリさせるためにウエスト部分に切り替えをデザイン。リボンのブローチは付け替えできるので、好みに合わせ着用できます。

《参考》ラピーヌオンラインストア・ミシェルクランノアール

3)東京イギン

レディースフォーマルのパイオニアとして知られる服飾メーカー「東京イギン」。オリジナルブランドの発信はもちろん、フランスなどの海外でも有名なブランドとライセンス契約を結び、ファッション性の追求にも余念がありません。伝統とトレンドの両面を意識できることも、東京イギンの魅力だといえるでしょう。

北海道から沖縄まで全ての都道府県に取扱店を展開しているため、利用しやすいことも大きなポイント。百貨店だけでなく大型スーパーなどにも入店しているので立ち寄りやすいですね。

東京イギンのオススメデザイン

スタンドカラー ウォッシャブル アンサンブル

イギン オンラインストア

ウエストと突合せのジャケットでフォーマルな印象をより強く、さらに上品さも兼ね備えたデザインです。ジャケットの下のワンピースは、着脱のしやすさを重視した前開きタイプなので、年代を問わず長く着用できることも魅力。Aラインスカートで下半身もしっかりカバーできます。

自宅で洗濯も可能なウォッシャブル素材を使用しているためは、暑い時期の葬儀でも活躍しそうなデザインです。

《参考》東京イギン公式HP

4)洋服の青山

紳士服メーカーとして有名な洋服の青山ですが、女性用のフォーマルスーツも取り扱っています。「販売数世界№1」を誇り、正統派のデザインや女性らしいフェミニンな印象の喪服など、さまざまなデザインを用意しています。

ワンピースやスカートだけの単品、夏用の喪服など、販売されている商品の種類が豊富なことも、洋服の青山の魅力です。

洋服の青山のオススメデザイン

ノーカラーアンサンブル【米沢織】 (19-722301)

 洋服の青山オンラインストア

米沢織り(糸・染・織にこだわりを極めた織物)を贅沢に使用した、上品さが際立つアンサンブル。ノーカラーのジャケットにシンプルなラウンドネックのワンピースを組み合わせたデザインです。緩やかなAラインが正統派で、年代問わず着用できます。

肌触りが滑らかなため、どの季節でも快適に着用できることもポイントです。

《参考》洋服の青山公式HP

5)AIMER NOIR/エメ ノワール 

パーティードレスやステージ・演奏用のドレス、ウエディングドレスまで、特別な日のドレスを取り扱っているドレスブランド「AIMER(エメ)」。そんなエメも、ブラックフォーマルを取り扱っているブランドとして人気があります。

駅ビルなどのアクセスが良い場所にショップを展開しているため、急に喪服が必要になった場合にも重宝できるブランドです。

エメ ノワールのオススメデザイン

ブラックフォーマル「ノーカラージャケットブラックアンサンブル」(33-3-311)

ミマツグループ オンラインショップ

シンプルで飽きが来ないノーカラーのジャケットにワンピースのアンサンブル。ワンピースの衿は、鎖骨が見える程度の開き具合のため、パールのネックレスとの相性も抜群。

また、2ピースにみえるような仕上がりのため、夏場の葬儀には、ワンピースだけでの参列も可能。座ったときにウエストもカバーできることが嬉しいですね。

《参考》AIMER NOIR公式HP

手ごろな価格で幅広い商品の購入できる人気通販サイト2つ

1)BELLE MAISON(ベルメゾン)

ベルメゾンは「お手頃な価格でオシャレな洋服が購入できる」と人気を集める総合通販サイトです。インターネットストアはもちろん、カタログからの購入も可能。レディースの洋服はもちろん、子ども服や雑貨、インテリア、グルメギフトまで豊富な商品が販売されているため、活用したことがある方も多いのではないでしょうか。

そんなベルメゾンでも、レディースの喪服を購入できます。喪服だけでなく、バッグやパンプスなども販売されているため、喪服一式を揃えることも可能です。

また、タイミングによっては、送料無料のキャンペーンや、期間限定の割引クーポンなどが配布されるので、お得に喪服を用意したい場合は、チェックしたいサイトだといえます。

ベルメゾンのオススメデザイン

ノーカラーブラックフォーマルアンサンブルスーツ【喪服・礼服】【7~17AR】

ベルメゾンネット

クラシカルで上品な喪服を選ぶなら、定番のノーカラーのジャケットとワンピースのアンサンブルははずせません。ほどよく開いた襟元が女性らしく、スタンダードなデザインのため飽きが来ず、幅広い年代で着用できることも嬉しいですね。

ベーシックなデザインだからこそ、袖を通さずに購入する通販サイトでも安心して購入できるでしょう。

《参考》ベルメゾン公式サイト

2)ニッセン

豊富な品揃えで「ちょっといいな」と思える商品が手軽に購入できるニッセン。スタンダードサイズだけではなく、大きめサイズを専門に取り扱っているデザインもあり、幅広いオシャレが楽しめると人気の通販サイトです。

婦人服だけでなく、下着や寝具などの生活雑貨の購入もでき、購入金額や回数により割に気などの特典がUPすることも魅力です。

ニッセンの喪服はオールシーズン用や夏用、ワンピースタイプやパンツタイプなど、バリエーションが豊富に販売されています。年代別にオススメデザインがチェックできるので、今の自分に合わせた喪服の購入も叶うでしょう。

ニッセンのオススメデザイン

【喪服・礼服】テーラードアンサンブル(ジャケット+セミフレアタック入ワンピース)(オールシーズン対応)

ファッション通販 ニッセン

テーラードジャケットとワンピースを組み合わせたアンサンブル。オールシーズン着られる素材で、少し折り返せる袖口が可愛らしい印象を引き立てます。

ふわっと広がるスカートで、下半身カバーもOK!サイズも幅広く用意されているため、大きめサイズはもちろん小さいサイズを探している場合も重宝します。

喪服としての着用はもちろん、アクセサリーを変えれば七五三や入学式、卒業式などのフォーマルな場にも着用できる一着です。

《参考》ニッセン公式HP

レディースの喪服を購入するときに注意したいポイント

どのブランド・通販サイトを活用する場合も、喪服を購入するときに注意したいポイントがあります。

準礼服を意識する

喪服に限らず、フォーマルなシーンに着用する礼服は

●正礼服(もっとも格式が高い喪服。喪主が着用する)

●準礼服(一般的な喪服。遺族も一般参列者も着様する)

●略礼服(通夜への着用はOK。葬儀に着ていくことはマナー違反)

の3種類に分けられています。

葬儀へ参列する場合は、一般的な喪服である「準礼服」を意識しましょう。

https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/192/

喪服に合わせバッグや袱紗、パンプスも用意して

葬儀には喪服だけでなく、葬儀マナーを意識したバッグや袱紗、パンプスも用意しておく必要があります。

手持ちがない場合は、「全身を黒で統一する」マナーに沿って、黒一色のデザインを用意しておきましょう。黒いデザインであっても、金具があるデザインや華美なもの、ファッション性が強いデザインは避けた方が無難です。

https://ikikata.nishinippon.co.jp/term/697/
https://ikikata.nishinippon.co.jp/sougi/787/
https://ikikata.nishinippon.co.jp/sougi/772/

レディースの喪服は準礼服を意識し人気ブランドで要チェック

使用頻度の多くない喪服だからこそ、自分の体型や好みに合ったデザインを選んでおきたいもの。お手持ちがない場合は、人気のあるブランドや通販サイトを活用し、自分好みの1着を探してみましょう!

購入時は、準礼服であるかどうかをチェックし、バッグや袱紗、パンプスなどの小物の用忘もお忘れなく!

急な訃報で慌てないためにも、余裕があるときに喪服一式を用意しておくと安心です。

目次
閉じる